ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

更年期障害は男性にも…保険適用で治療しよう

年を取ると勃起が少なくなり性欲も減るもの。それは、男性ホルモンの低下による男性更年期障害、LOH症候群という病気かもしれません。女性と同様、男性も更年期障害により、イライラなどともに性欲減退が起こるのです。そこで更年期障害の治療を保険適用で受ける方法を紹介します。



スポンサーリンク
更年期障害は男性にも…保険適用で治療

男性の更年期障害は泌尿器科で受診

男性の更年期障害は泌尿器科で受診すれば、バイアグラなどを用いた勃起不全治療と、テストステロンという男性ホルモン注射によるホルモン補充療法が受けられます。

この時、血液検査でテストステロン値が基準値より下回っていると、保険適用で1回400円と格安になるのです。このテストステロン値は午後が低く、睡眠不足で射精しても下がります。

なお、個人輸入できる排卵誘発剤の「クロミッド」も性欲を強めるようです。このクロミッドは、女性にとっては排卵誘発剤、男性には不妊治療薬として処方されるもの。精子形成の促進効果があります。ジェネリック薬もあるので、興味のある人は調べるのもよいかもしれません。

男性の更年期障害を改善する方法

なお、男性の更年期障害を改善する、テストステロンを増やす方法も紹介しましょう。まず、睡眠を取ることで疲労やストレスが解消され、テストステロン値は高くなります。

食事では玉ねぎやにんにく、卵料理を摂取。亜鉛を多く含む牡蠣や、タウリンを多く含むアワビなどもよいでしょう。軽いジョギングなどの有酸素運動や筋トレでもテストステロン値は高くなります。

趣味・遊びは、ストレス発散やリラックス効果があって効果的。女性の参加
率の高いテニスサークルやダンス教室などに参加してみるのもよいでしょう。出会いがある方がテストステロン値をより高めるからです。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。