ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

グリチロンはアルコール分解薬として効果を発揮

「乗るなら飲むな」「飲んだら乗るな」のとおり飲酒運転は絶対禁止! そこで、少しでも早くアルコールを抜きたい時に頼りにしたいのがアルコール分解薬です。グリチロンはアルコール代謝を促進する働きがあります。グリチロンのアルコール分解薬としての効果を検証しました。



スポンサーリンク
グリチロンはアルコール分解薬として効果を発揮

グリチロンはアルコール代謝を促進

警察の飲酒検問で、前日に飲んだアルコールが抜け切らずに飲酒運転で捕まってしまった…という理不尽なケースは珍くありません。そこで頼りにしたいのがアルコール分解薬です。

なかでもグリチロンは、慢性肝疾患における肝機能改善や湿疹、炎症の際に処方される処方薬。アルコール代謝を促進する機能を持っています。

そこで今回、被験者の呼気中アルコール濃度が酒気帯びに該当する0.15mg/l以上に達するまで500ml缶ビール1本程度を飲酒。その状態が15分以上継続したら、アルコール分解薬としてグリチロンを摂取します。そして15、30、45、60分後の呼気中のアルコール濃度を測定したのです。

アルコール分解の実験方法

グリチロンを飲んで効果テキメン

実際にグリチロンを飲んで測定した結果は効果テキメン! 時間を追うごとに数値は減り、45分後には数値がゼロになりました。被験者の体質とグリチロンの相性はよかったようです。

なお、本記事はアルコール分解について検証を行ったものです。飲酒運転を推奨するための実験ではありません。飲酒運転は絶対に行わないで下さい。

また、アルコール代謝には個人差があります。記事で紹介した薬品を飲んだからといって、すべての人に同様の効果があるとは限りません。この情報は『ラジオライフ』2015年6月号に掲載されていました。

■「アルコール分解」おすすめ記事
アルコール分解にはグレープフルーツジュース

■「アルコール」おすすめ記事
アルコールチェッカー内蔵のスマホバッテリー
飲酒運転の取り締まりで使われる待ち伏せテク
飲酒検問は幹線道路から1本入った通りが狙い目

■「医薬品」おすすめ記事
サノレックスは脳に「痩せる」を調教する劇薬
防風通聖散はぽっこりお腹に効くダイエット薬
アットノンクリームはしわ対策に効果アリ!!
下痢止め薬なら「正露丸糖衣S」を飲むのがお得
解熱剤はバファリンよりロキソニンのほうが効く
プロペシアは本当に効果のある脱毛症のクスリ

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事