ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

育毛シャンプー対決はスカルプDが僅差で勝利

テレビCMで見る育毛シャンプー。「育毛」という単語が入っているところから、「育毛剤がシャンプーに配合されているのかな?」と思う方も多いでしょう。しかし、それは違います。そんな育毛シャンプーで「スカルプD」と「U-MAシャンプー」を徹底比較してみました。



スポンサーリンク
育毛シャンプー対決はスカルプDが僅差で勝利

育毛シャンプーの最大の違いとは

育毛剤は毛根に入ることで頭皮の血行を促進させ、毛根に栄養が回る機会を増やすものであるのに対し、育毛シャンプーは毛根から汚れを落とし、育毛剤が毛根に入りやすくするためのものです。

通常のシャンプーと育毛シャンプーの最大の違い、それは、洗浄成分が石油系(硫酸系とも)かアミノ酸系であるかです。石油系の洗浄成分として有名なのは「ラウリル硫酸ナトリウム」などです。一般的なシャンプーにはこれが入っています。

そんな育毛シャンプーのなかでも「スカルプD」は「頭皮を洗うシャンプー」として登場。頭皮改善シャンプーの定番とされています。2005年の発売から毎年バージョンアップを重ねています。

一方の「U-MAシャンプー」は頭皮に優しい成分とされる馬の油「馬油」を配合。シンプルな容器はその効き目に自信があることをうかがわせます。両製品を徹底比較してみました。

育毛シャンプーの添加物チェック

泡立ち具合は両製品とも控えめ。実はシャンプーの洗浄力と泡立ち具合はあまり関係がありません。本来のレベルよりも泡立たせるために発泡剤が入っている製品もあるほど。余分な成分が入っていないことの表れで、どちらも安心できる育毛シャンプーといえるでしょう。

続いて、育毛シャンプーの添加物をチェック。両者を比べると、U-MAシャンプーにのみ催奇形作用の可能性がある「ヒノキチオール」と、発がん性の可能性がある「フェノキシエタノール」が含まれていることが判明しました。

成分表での順番は、それぞれ最後から3番目と2番目(成分表は含まれている量が多い方から記載する)であり、含有量は微々たるもの。しかし、それでもやはり有害性が疑われる成分はないに越したことはありません。よって、育毛シャンプーの添加物対決ではスカルプDの勝利となります。

育毛シャンプー対決はスカルプD

最後は育毛シャンプーの洗浄成分での比較。スカルプDとU-MAシャンプーは頭皮への優しさをうたうだけあって、どちらもアミノ酸系シャンプーです。

さて、その具体的な成分ですが、アミノ酸系の洗浄成分として有名なのが、スカルプDに含まれている「ヤシ油脂肪酸」の化合物。もう1つはU-MAシャンプーに含まれている「ココイルグルタミン酸」の化合物です。これらのアミノ酸系は石油系に比べて頭皮への刺激が少なく、頭皮を傷つけずして汚れを落とすとされています。

今回の育毛シャンプー対決は五分五分の対戦結果が続きました。そんな中、非常に僅差ではありますが、添加物においてスカルプDが優っていたため、スカルプDの勝利とします。この情報は『ラジオライフ』2014年7月号に掲載されていました。

■「スカルプ」おすすめ記事
スカルプドライヤーは頭皮マッサージ機能付き

■「育毛」おすすめ記事
プロペシアは本当に効果のある脱毛症のクスリ
スーパーミリオンヘアーの防水性を実験してみた

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。