ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

手ぶれ補正の光学式とデジタル式の違いとは?

カメラ撮影の失敗といえば手ぶれ。決定的瞬間を捉えたと思ったら、手ぶれで見られたものではなかったという経験は、一度や二度ではないはずです。それを防いでくれるのが手ぶれ補正です。手ぶれ補正機能には主に光学式とデジタル式があります。



スポンサーリンク
手ぶれ補正の光学式とデジタル式の違い

手ぶれ補正には光学式とデジタル式

シャッターを押すタイミングで意図せず手元が動くと、写真に影響してしまいます。しかも、コンデジやミラーレスなどのファインダーがない機種では、背面モニターを見ながら撮るためなおさらです。

そんな時に役立つのが手ぶれ補正機能。主に光学式とデジタル式があり、前者の方が高性能とされています。ちなみに、iPhone6でも光学式の手ぶれ機能を採用しています。

光学式手ぶれ補正は、物理的に光軸を合わせる方式。レンズシフトタイプとイメージセンサーシフトタイプの2つがあります。前者は超音波モーターなどで細かく移動させ、後者は画像センサーを移動させることで手ぶれを軽減するものです。

手ぶれ補正機能を使わずに手ぶれ軽減

デジタル式手ぶれ補正は、画像センサーに映ったデジタルデータに補正をかける方法。ビデオカメラなどにも使われています。

なお、手ぶれ補正の機能を使わなくても、カメラの持ち方で手ぶれを軽減することはできます。コンデジやミラーレス、一眼レフの場合は脇をしっかりと締め、両手でカメラを持ちましょう。

スマホの場合は、なるべくレンズ寄りのところを持つとブレにくくなります。この情報は『ラジオライフ』2015年7月号に掲載されていました。

■「カメラ初心者」おすすめ記事
カメラレンズの種類を知って脱・一眼レフ初心者
一眼レフとミラーレスは動く被写体で差が出る
カメラ初心者は必見!基本スペックを理解しよう
一眼レフ初心者が知っておくべき露出4ポイント
写真の撮り方を伝授!一眼レフ初心者を脱出セヨ
撮り鉄に学ぶ美しい鉄道写真を撮るポイント4つ
撮り鉄入門!駅撮で絶対守るべき4つの掟とは

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。