ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

LYTRO ILLUMは後からピントの位置が決められる

一眼レフなど本格的なカメラで手間取るのが、ピントや露出補正。ピントがズレていたり、露出オーバーだとすべて台無しです。画像編集ソフトである程度修正できますが、やはり限界が…。しかし、この第3のカメラ「LYTROILLUM」なら、後からピントや絞りが変えられます。



スポンサーリンク
LYTRO ILLUMは後からピントの位置が決められる

ハイパーハイテクカメラLYTRO ILLUM

LYTRO ILLUMは35mm換算で焦点距離30~250mmの光学式ズームレンズを搭載。出力画素数は400万画素で、解像度は2450×1634ドットです。サイズは145W×86H×166Dmmで重さは940g。実勢価格は181,440円になります。

普通のC-MOSセンサーが光の強弱や色だけなのに対し、LYTRO ILLUMのC-MOSライトフィールドセンサーは入射角も記録。レンズに入る光の束を、方向まで含めて丸ごと記録することで可能となったハイパーハイテクカメラです。

2012年発売の第1世代からセンサー数が約4倍になりました。LYTRO ILLUMは実用レベルでも申し分ないものになっています。

LYTRO ILLUMは現像でピントを変更

LYTRO ILLUMは全域f/2.0の大口径レンズやタッチパネル式のバリアングルモニターを採用。背面は傾斜がつき、胸の前で構えた時に最も見やすくなるデザインです。ピント変更が可能な範囲(被写界深度)はカラーバー表示で確認します。

LYTRO ILLUMの現像は無料の専用ソフトを使います。ホワイトバランスやトーン、彩度などの色調補正項目に並んで、注目すべきは「仮想カメラ」モード。ここで、ピントや絞りを変更できるのです。

フォーカスポイントは画像をマウスでクリックして指定。顔全体にピントを合わせたい時は「FOCUS SPREAD」で被写界深度アシストを有効にし、スライドバーを操作すると、青色と黄色のアシスト色で被写界深度が確認できます。

ファイル形式はLytro RAW(拡張子は.lfp)で、画像サイズは1枚で約50Mバイトです。この情報は『ラジオライフ』2015年7月号に掲載されていました。(文/板倉正道)

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。