ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

家電リサイクルで損をしないための基礎知識

ボーナスで新しい家電に買い替えたいと思っても、不要になった家電の処分が気になって二の足を踏む人も多いのでは? そこで、出費を抑えて賢く処分する方法を伝授しましょう。まずは2013年から小型家電リサイクル法が施行された、家電リサイクルの基礎知識を見ていきます。



スポンサーリンク
家電リサイクルで損をしないための基礎知識

家電リサイクル法による処分費用

現在、不要な家電を処分しようとすると、家電リサイクル法により処分費用を出して行政の受付センターに引き取ってもらわなければなりません。

しかも2013年4月1日からは小型家電リサイクル法が施行。カメラや携帯電話など多くの電化製品が対象とされ、その中にはPCも含まれます。

家電のリサイクル費用は、テレビで2,500円くらい、冷蔵庫で4,500円くらいです。しかし、行政が迅速に引き取ってくれなかったり、運搬料を取られたりします。

キロ単位で家電リサイクルできる

そこで、民間リサイクル業者の出番です。今では家電量販店やホームセンターなども家電リサイクルに参入し、各業者がさまざまなサービスを行っていますが、トラブルもある模様…。信頼できる業者を選びましょう。

はたして、家電リサイクルは行政と業者はどちらが得なのでしょうか。街を巡回しているリサイクル業者は、見積もりをして売れそうな物は買い取ってくれます。処分品の個人情報などが心配なら環境省・経済産業省の認定業者を選ぶとよいでしょう。

また、行政が運営する処分場に自分で家電を持ち運ぶ方法もあります。するとキロ単位で家電リサイクルできるので割安になるのです。この情報は『ラジオライフ』2015年8月号に掲載されていました。

■「家電リサイクル」おすすめ記事
不用品回収が無料!パソコンファームを活用する
パソコンは処分する前に買い取り先を調べる
粗大ごみの回収は自治体の持ち込みが一番安い
家電リサイクルで料金がもっとも得する方法は?
パソコンのデータ消去で安心して家電リサイクル

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事