ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

羽なし扇風機の新タイプ「創風機Q」使ってみた

羽なし扇風機といえばダイソンですが、じつはパナソニックからも商品が発売されています。それが「創風機Q」。いわば新タイプの羽なし扇風機といえるでしょう。実際に使用してみると、球体をした羽なし扇風機の特徴が活かされた機能が詰め込まれていました。



スポンサーリンク
羽なし扇風機の新タイプ「創風機Q」使ってみた

羽なし扇風機の風量切替は5段階

パナソニックの「創風機Q」は、流体力学を最大限に利用するためにこの形が採用されたという、れっきとした実用派家電。羽なし扇風機の新タイプです。

この羽なし扇風機の風量切替は5段階あります。サイズは250W×277H×250Dmm(スタンド含む)で、重さは2.1kg。実勢価格は35,470円です。

羽なし扇風機として使用する際には、自然に近く、身体に優しい風を「ゆらぎ」機能で実現しています。また、吸い込んだ風を7倍にしてピンポイントに放出できるサーキュレーターとしても優秀な多機能型ファンです。

球体をした羽なし扇風機の特徴

首振り機能はありませんが、球体という形状ゆえ、上、右、左、下方向などを自由に調整可能。球体をした羽なし扇風機の特徴が活かされています。

羽なし扇風機としては、穴だらけの変な球体をしているのが創風機Qの特徴。しかし、穴はただの飾りではなく、風量をアップさせるための工夫です。

付近にある空気を、この6つの穴から吸引することで、ターボのような強い風を吹き出せるのです。この情報は『ラジオライフ』2015年8月号に掲載されていました。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。