ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

接点復活剤で古いビデオデッキ端子を磨き上げる

接点復活剤はコネクタやスライドスイッチなどの各種端子の抵抗を下げるための薬剤です。とくに古いビデオデッキは端子がむき出しのまま放置されることが多いため、劣化がおきてしまいます。そんなときは接点復活剤で古いビデオデッキの端子を磨き上げましょう。



スポンサーリンク
接点復活剤で古いビデオデッキ端子を磨き上げる

接点復活剤で端子部分をしっかり磨く

最近ではビデオテープをデジタル化するために、長年使用していなかったビデオデッキを再び利用する人も多いとか。しかし、むき出しになっている端子部分は経年劣化がおきている場合がほとんどです。

このため、古いビデオデッキはサビ付き、接触不良によって音声や映像が乱れるケースもあります。ならば、接点復活剤で端子部分をしっかりと磨きましょう。端子の抜き差しがスムーズになり、動作が安定します。

今回使用したのは、実勢価格605円の「接点クリーナー」と、実勢価格485円の「接点復活剤NEWポリコールキング」です。

接点復活剤で端子を磨き上げる工程

それでは、実際に接点復活剤で古いビデオデッキの端子を磨き上げる工程を見てみましょう。

まずは、接点クリーナーでゴミとサビを除去。マイクロファイバークロスタオルで端子をキレイに磨きます。

次に接点復活剤を塗布。接点表面をコーティングすることで酸化を防止します。また、端子の抜き差しを円滑にしてくれます。この情報は『ラジオライフ』2015年8月号に掲載されていました。(文/Toybox)

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。