ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

スイブルスイーパーマックスは用途限定で使う

ペーパーモップの手軽さに掃除機のパワーをプラスしたら…そんな商品が「スイブルスイーパーマックス」。ヘッド部分が自由に可動するだけではなく、全方向へ押し進められるという宣伝文句ですが、使い勝手はどうなのでしょう? 実際に、スイブルスイーパーを購入してみました。



スポンサーリンク
スイブルスイーパーマックスは用途限定で使う

スイブルスイーパーはヘッドが回転

電動モップ「スイブルスイーパーマックス」はダイレクトテレショップが発売。今回は13,932円で購入しました。セット内容は、スイブルスイーパーマックス本体と専用バッテリー、充電器、ミニスイーパーです。

スイブルスイーパーマックスの連続使用時間は35分。サイズは29.6W×124.3H×14.5Dcmで重さは1kgです。

実際にスイブルスイーパーマックスを使ってみると、ヘッド部分が自在に回転して、360度どの方向でも使えるのは便利です。だだし、取れるのはホコリばかりでした。

スイブルスイーパーを使うポイント

スイブルスイーパーマックスの底面を見てみると、四辺にブラシがあります。掃除機のように吸うのではなく、ブラシでかき入れる構造なのです。

ゴミ捨てはワンタッチでOK。しかし、ゴミの受け皿が浅く、掃除中に飛び出してくるのには困りました。用途を限定して使うのがポイントになります。

スイブルスイーパーマックスの総合評価は5点中1点。ホコリを取るには最適ですが、それ以上に大きくなると途端に取れなくなります。持ち運び時に内部からゴミが落ちてくるのも困りものです。この情報は『ラジオライフ』2015年9月号に掲載されていました。

■「掃除」おすすめ記事
お掃除ロボットが3千円台!驚きのフォルムとは
お掃除ロボット「マルゲッター」を使ってみた
エアコンフィルター掃除と内部洗浄を自分でやる
アイリスオーヤマの高圧洗浄機はとにかく小さい
窓掃除はマグネット式クリーナーが便利だった
風呂掃除が簡単!充電式お風呂回転ブラシセット
洗剤革命はホントに浸けるだけで汚れを分解した
ダイソンDC62の吸引力はホントに落ちなかった
ダイソンDC62のモーダーヘッドは水拭きいらず
布団掃除機をハンディクリーナーで自作する方法

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。