ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

クレーンゲーム攻略法はタイプ別に違っている

クレーンゲーム機にはタイプがあり、それぞれ攻略法が違います。ここでは最近多いパターンの景品にフックが付いた「フック型」、2本の平行したポールが景品を支える「ポール型」、D型リングを1本のポールが支える「Dリング型」の攻略法をまとめて紹介しましょう。



スポンサーリンク
クレーンゲーム攻略法はタイプ別に違っている

フック型のクレーンゲームの攻略法

景品にフックが付いており、それをツメで引っ掛けて落とすタイプが「フック型」。フック型のクレーンゲームの攻略法は、まず最低限の金額でアームの開く範囲・クレーンの降下範囲を見極めます。

アームはフックと景品の付け根を狙い、交互に少しずつ左右に移動。景品が1/3ほど板からハミ出たら、クレーンで景品を押して落とすのです。

2本のポールが橋を渡すように設置されていて、ポールの間で落とすタイプが「ポール型」です。ポール型のクレーンゲーム攻略法は、左右どちらかのアームを手前の橋と景品すれすれの位置に入れ、景品を斜めに傾けます。

景品の奥側が落ち、手前側がポールの上に乗り上げる状態に。そして、手前のポール近辺をアームで均等に持ち上げ続けると景品が落ちるのです。

クレーンゲーム攻略法はタイプ別に違う

クレーンゲーム攻略にはツメも大切

リングが棒にぶら下がっているタイプが「Dリング型」。Dリング型のクレーンゲームの攻略法は、Dリングの板の左右部分にアームのツメを入れ、地道に揺らしていくというものです。

アームの降下制限によって板までアームが届かない場合もありますが、制限が甘いクレーンゲームだと板にアームが届きます。そういう機種を狙えば効率的に落とせるでしょう。

なお、クレーンゲーム攻略にはツメの形状も大切です。通常120度位の角度がついていますが、店舗によってはこの角度をなくし、まっ平らにしていることもあります。角度がないと持ち上げる力が弱まるので、避けるべきでしょう。この情報は『ラジオライフ』2015年10月号に掲載されていました。(文/Toybox、協力/サークルおもちゃ箱)

クレーンゲーム攻略にはツメの形状も大切

■「クレーンゲーム攻略」おすすめ記事
UFOキャッチャーの景品は投資額の見極めが肝心
UFOキャッチャーの景品はタイプで攻略法が違う
UFOキャッチャーの景品フィギュアを高値で売る

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事