ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ドラッグストアの5大チェーンを徹底攻略する

市販薬を売る薬屋さんは、今はコンビニスタイルの「ドラッグストア」を全国展開するチェーン店が人気です。ドラッグストアはどこも同じように見えますが、チェーンごとに持ち味があって、品揃えや特売の方法などに違いがあります。ドラッグストア5大チェーンの攻略法を紹介しましょう。



スポンサーリンク
ドラッグストアの5大チェーンを徹底攻略する

ドラッグストア大手5チェーンの特徴

ドラッグストアで安く買いたいのなら「マツモトキヨシ」か「ダイコクドラッグ」。昔ながらのクスリや漢方が必要なら「薬ヒグチ」など、チェーンの特徴を知れば、目的に合わせて使い分けできます。お得なクーポンや会員カードを使えば、より安く買い物できるケースもあるのです。

また、ドラッグストアの各店舗では近隣の他チェーン店との熾烈な価格競争が起こっているため、プライベートブランド商品を扱うなど、安く売る工夫をしています。全国展開をする大手5チェーンの特徴を見てみましょう。

サンドラッグは駅前のほか郊外にも進出し、全国937店が営業中。低価格のプライベートブランドのクスリを多数販売しており、その数なんと170種類です。安さだけでなく有効成分も重視しています。

スギ薬局はスーパーのジャパンを含め、全国に915店舗。調剤薬局を併設するとスギ薬局という名前になります。生鮮食品を含めた食品や、日用品など幅広く揃えているのが強みです。

ドラッグストア1位のマツモトキヨシ

マツモトキヨシは680店舗を構えるドラッグストア業界売上1位の大型チェーン。駅前など条件のよい立地に出店し、特売も積極的に実施。ポイントカード特典やプライベートブランド製品を積極的に取り入れています。

ダイコクドラッグは駅前の1等立地に出店。激安をウリにした大阪出身のドラッグストアで、全国に153店舗を展開中です。店頭でハデな特売を定期的に行い、5%引きセールも実施しています。

薬ヒグチは1947年創業の老舗で147店舗を展開。クラシックな品揃えが特徴で、イチジク浣腸、シラミ取りシャンプー、ワカ末止瀉薬といった昔ながらのクスリや漢方薬が充実しています。この情報は『ラジオライフ』2015年3月号に掲載されていました。(文/秋本録画)

■「ドラッグストア」おすすめ記事
プライベートブランドはドラッグストアが狙い目
ドラッグストアを割引とポイントでランキング
栄養ドリンクを効果で選べばダイコクのPB商品

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事