ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

発泡酒をコンビニPB商品で選ぶならザ・ブリュー

いまや市民権を得た感のある発泡酒。コンビニ各社もPB商品で発泡酒を展開しています。ただし、PB商品だけに発泡酒はコンビニチェーンごとに味が大きく異なります。そこで、コンビニ各社が発売するPB商品の発泡酒を飲み比べ。発泡酒を選ぶならセブンのザ・ブリューがおすすめです。



スポンサーリンク
発泡酒をコンビニPB商品で選ぶならザ・ブリュー

発泡酒をコンビニ各社で飲み比べ

ビールより手頃な価格帯の発泡酒。毎日飲むならなるべく安く済ませたいものです。そこで、コンビニ各社がPB商品として発売している発泡酒を飲み比べしてみました。

セブン-イレブンの発泡酒は「ザ・ブリュー」。350ml缶が123円です。サントリーと共同開発した新ジャンルビール系飲料。発売以来、3億本販売しましたた。アルコール度数5%です。

サークルKサンクスは「シャイン・モルト」。350mlが91円です。アロマホップが入っているとなっていますがほとんど感じません。製造は韓国の酒造メーカー・眞露。アルコール度数は5%です。

発泡酒はメーカーで味の差が格段

ミニストップは「バーリアル」。350ml缶が95円です。大麦由来の新ジャンルリキュールとありますが、麦の味はほぼゼロ。焼酎を割った発泡酒のような味です。アルコール度数5%になります。

これら3つの発泡酒を飲み比べてみた結果、セブン-イレブン以外は韓国産の発泡酒で国産メーカーとは味の差が格段でした。サークルKサンクスとミニストップは発泡酒というより、麦の味がほとんどないホッピーやサワーのような味わいです。

なお、サントリーと共同開発したセブン-イレブンの「ザ・ブリュー」も、おいしいかといえばそうでもないのですが、価格からすれば発泡酒としては上等でしょう。この情報は『ラジオライフ』2015年12月号に掲載されていました。

■「PB商品」おすすめ記事
単三電池をPBで買うならミスターマックス!
プライベートブランドは日用品ならトップバリュ
カークランドはコストコ転売で大人気のPB商品
栄養ドリンクを効果で選べばダイコクのPB商品

■「コンビニ」おすすめ記事
コンビニATMの手数料をタダにする方法がある
コンビニの写真プリントならデイリーヤマザキ
コンビニ弁当を豊富な在庫から選べる時間帯とは
コンビニは店舗数も売上もセブンが圧倒的な1位
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
コンビニのWi-fiで一番飛ぶのセブンだった

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。