ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

金のハンバーグは日本ハム製造でコンビニNo.1

コンビニチルドの定番ハンバーグは、コンビニ各社はPB商品を一般ラインと高級ラインで展開中。そこで、それぞれのラインアップを食べ比べして、おすすめのハンバーグを選んでみました。すると、日本ハムが製造するセブンイレブンの「金のハンバーグ」がコンビニNo.1となりました。



スポンサーリンク
金のハンバーグは日本ハム製造でコンビニNo.1

一般ラインのハンバーグならローソン

一般ラインPBは、セブンイレブンが「デミグラスソースのハンバーグ」(128円)。ソースにコクがあるものの、ブツブツとした歯応えがマイナス。同社の高級ラインPB「金のハンバーグ」とは悪い意味で別物です。製造は日本ハムになります。

ローソンは「デミグラスハンバーグ」(120円)。甘めのソースと柔らかくあっさりした肉の相性がよく、価格の割に満足度が高いPB商品です。製造は三菱商事の子会社・米久になります。

サークルKサンクスは「デミソースハンバーグ」(110円)。ソースの量が少ないというのが第一印象です。クセのある肉の味も、ソースにパンチがあればいいのですが…。製造は富山の食品会社・昔亭です。

一般ラインPBのハンバーグでは、柔らかめの肉と赤ワインソースの相性がよかったローソンが頭一つ抜けた印象。ほかの2品は肉のえぐみがやや気になりました。

金のハンバーグは複雑な甘みが広がる

高級ラインPBは、セブンイレブンが「金のハンバーグ」(268円)。ジューシーな肉汁とソースが絡み合って、複雑な旨みが口の中に広がります。王者の貫録というべきでしょうか。製造は日本ハムです。

ファミリーマートは「ハンバーグステーキ」(265円)。しっかりと詰まった肉と甘めのソースがどこか懐かしく、「庶民のハンバーグ」といった趣きです。製造はプリマハムになります。

サークルKサンクスは「濃厚デミソースで味わうビーフハンバーグ」(298円)。キレイな小判型で食欲がそそられます。牛肉100%で柔からく旨みがある反面、独特のニオイも強いのが難点。若干、値が張るのが痛いところです。

高級ラインPBでは、ファミマが固めに焼いたファミレス風。対して、セブンが粗挽きでふっくらとした手作り風。甲乙つけ難いところでしたが、肉汁の旨みとソースとの絡み具合いの点で、セブンの金のハンバーグに軍配が上がりました。この情報は『ラジオライフ』2015年12月号に掲載されていました。

■「コンビニ」おすすめ記事
コンビニエンスストア5大チェーンの基礎知識
コンビニエンスストアの今後はどうなっていく?
顔認証システムがコンビニの万引き被害を防ぐ
コンビニATMの手数料をタダにする方法がある
コンビニの写真プリントならデイリーヤマザキ
コンビニ弁当を豊富な在庫から選べる時間帯とは
コンビニは店舗数も売上もセブンが圧倒的な1位
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
コンビニのWi-fiで一番飛ぶのセブンだった

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。