ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

cisca(シスカ)で「コンビニで1杯」してみた

仕事終わりにツマミを買い、自宅で1人晩酌するのはわびしいもの。そんな経験のある方にオススメしたいのが、イートインスペースでお酒が飲める「cisca(シスカ)」です。そこで、実際にciscaで「コンビニで1杯」を実践してみました。なんと生ビールも注文可能です。



スポンサーリンク
cisca(シスカ)で「コンビニで1杯」してみた

ciscaは居酒屋よりも安上がり

ciscaは購入した商品を店員がお皿に盛りつけてくれたり、オープンキッチンで調理・加熱してくれたりします。使用料金なども発生しないので、居酒屋に行くよりも安上がりです。

ciscaはミニストップが2014年9月に立ち上げた新業態。現在、都内に4店舗が営業しています。なかでも2号店のcisca神田多町店は、繁華街から少し外れた穴場的店舗。平日の閉店時間が22時と早めですが、「軽くコンビニで1杯」やるにはちょうどいいかもしれません。

そこで、cisca神田多町店で実際に「コンビニで1杯」を試してみました。ドリンクメニューが豊富で、ハートランドの生ビール(400円)も注文できます。

ciscaでちょい飲みす3ステップ

缶詰、惣菜、パンやドーナツ、地ビールなど豊富なラインアップ。海外の商品もあります。イートインは店の奥。Wi-Fi環境と電源コンセントが完備され、ノートPCがあれば仕事もできそうです。

ciscaでちょい飲みするための3ステップを紹介しましょう。まずはつまみを購入。野菜多めの総菜などヘルシー系の食品も充実しています。

レジで支払い後、調理をお願いしたらイートインスペースに移動。すると、食器に盛り付けて持ってきてくれるのです。コンビニ商品とは思えない豪華さ。テイクアウトも可能です。この情報は『ラジオライフ』2015年12月号に掲載されていました。

■「コンビニ」おすすめ記事
コンビニエンスストア5大チェーンの基礎知識
コンビニエンスストアの今後はどうなっていく?
顔認証システムがコンビニの万引き被害を防ぐ
コンビニATMの手数料をタダにする方法がある
コンビニの写真プリントならデイリーヤマザキ
コンビニ弁当を豊富な在庫から選べる時間帯とは
コンビニは店舗数も売上もセブンが圧倒的な1位
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
コンビニのWi-fiで一番飛ぶのセブンだった

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。