ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

写真をデータ化するならフィルムをデジカメ撮影

写真をデータ化するならフィルムを直接、デジカメで撮影するのが手っ取り早い方法。そんなときに使えるのがニコンの「スライドコピーアダプターES-1」です。写真をデータ化したら無料の画像編集ソフト「GIMP」を活用。ネガフィルムの反転ができるので、カラーネガにも対応します。



スポンサーリンク
写真をデータ化するならフィルムをデジカメ撮影

写真のデータ化をデジカメで行う

写真をデータ化するとき「お金をかけたくない」「デジタル一眼とマクロレンズを所有している」の条件に当てはまるなら「スライドコピーアダプターES-1」を使うとよいでしょう。実勢価格は4,373円です。

マクロレンズの先端に取り付けて、フィルムをデジカメで写真撮影することで、写真をデータ化できるアイテム。アナログな手法だから使い方は簡単です。

マクロレンズに「ES-1」を取り付けてフィルムをセットしたら、あとは光源にレンズを向けてシャッターをきるだけ。フィルムは押さえ金で固定されるので、スライドマウントはなくてもOKです。

写真をデータ化したらGIMPで編集

写真をデータ化したら無料の高機能画像編集ソフト「GIMP」で編集しましょう。色の反転や色味補正、キズの修正、ノイズ除去などが便利です。写真のデータ化に合わせてクオリティを上げましょう。

ネガフィルムの反転は「色→階調の反転」から、ワンクリックで行えます。反転後に色味を調整する時は「カラーバランス」などで編集すればOKです。

キズの除去は「修復ツール」。Cntlを押しながらキズ付近の背景をクリックしてコピーしたら、キズの上に貼り付けます。これで完了です。この情報は『ラジオライフ』2016年1月号に掲載されていました。

■「写真データ化」おすすめ記事
写真をデータ化するなら「MG5630」が効率よし
写真のデータ化をiPhoneで行うためのアダプタ

■「写真」おすすめ記事
写真販売で稼ぐ!アマチュア写真を売る方法
証明写真はアプリを使えばたったの30円!
ペット写真をiPhoneで撮るなら「横撮りレンズ」
Flickrの使い方をマスターして写真をアップ
iPhoneの写真加工アプリなら「AutodeskPixlr」
写真加工アプリが無料「Photoshop Express」
写真の撮り方を伝授!一眼レフ初心者を脱出セヨ
忍者レフでガラスの写り込みを防止して写真撮影

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事