ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

フィルムスキャナーはCanoScan9000F MarkⅡ

フィルムや紙焼き写真が大量にあるなら、効率よく作業できるフィルムスキャナーの導入が吉。オススメは「CanoScan9000F MarkⅡ」です。最大9600dpiのフィルムスキャナーなのでフィルム・紙焼き写真が完全復活します。機能豊富なフィルムスキャナーの詳細を見ていきましょう。



スポンサーリンク
フィルムスキャナーはCanoScan9000F MarkⅡ

フィルムスキャナーで一気に取り込む

このフィルムスキャナーの解像度はフィルムは最大9600dpi、写真・文書は4800dpi。対応フィルムはネガ、ポジ、マウントフィルム、ブローニーフィルムです。原稿最大サイズはA4。サイズは270W×480H×111Dmmで、重さは4.6kgです。実勢価格は24,480円となっています。

フィルムスキャンに力を入れている機種で、最大9600dpiの高解像度でデジタル化できます。ソフトウェアの機能が充実しており、プレビュー画面で確認しながら、細かく画像補正が可能。自分好みの1枚に仕上げられます。

このフィルムスキャナーのうれしいところは、紙焼き写真は適当に置いても、自動でトリミングしてくれるところ。35mmフィルムは専用のフィルムガイドにセットしてスキャン。最大12コマを一気に取り込めるので手間がかかりません。

フィルムスキャナーの解像度を選択

「ScanGear」機能では、フィルムスキャンの画像補正やサイズ指定を、プレビュー画面を見ながら調整可能。ごみ傷除去や褐色補正に加え、色味や明るさなど「Photoshop」顔負けの機能を搭載しています。

フィルムスキャナーの解像度は300~9600dpiから選択可能。画面で見るだけなら1200dpiで十分です。A3サイズ以上に大きくプリントしたいなら、4800/9600dpiを選びましょう。

フィルムスキャナーで保存した後でも、付属ソフト「My ImageGarden」で修正できます。赤目補正、シャープの調整などが行えます。この情報は『ラジオライフ』2016年1月号に掲載されていました。

■「フィルムスキャナー」おすすめ記事
フィルムスキャナーはPCなしでJPEG化できる

■「スキャナー」おすすめ記事
写真をデータ化するなら「MG5630」が効率よし
マウス型スキャナが思った以上に便利だった件

■「デジタル化」おすすめ記事
カセットテープをデジタル化する「CFD-RS500」
レコードをデジタル化する機器が通販番組で人気
写真をデータ化するならフィルムをデジカメ撮影

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事