ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

非破壊自炊は高被写界深度レンズで均一スキャン

本を裁断せずに自炊するのが非破壊自炊。非破壊自炊で活用したいのが、本を開いた状態でスキャンできる「ScanSnap SV600」です。高被写界深度レンズを使用しているため、歪みの少ない均一スキャンが可能。ScanSnap SV600で実際に非破壊自炊をする手順を見ていきましょう。



スポンサーリンク
非破壊自炊は高被写界深度レンズで均一スキャン

非破壊自炊はまずPCで基本設定

非破壊自炊は、裁断してからスキャンするのに比べれば多少の歪みが出たり、1ページずつ手でめくるため手間がかかります。しかし、保存を理由に元の本を失いたくない人には大きなメリットです。

週刊誌や冊子の非破壊自炊ならこのScanSnap SV600でしょう。被写界深度の高いレンズで広範囲を均一スキャンしてくれます。実勢価格は61,560円です。

実際に非破壊自炊をする手順です。まずPCでScanSnap SV600の基本設定を行います。ScanSnap SV600用のソフトをインストール。ウィザードに従い作業を進めて、PCに接続します。

非破壊自炊したいページをセット

設定ソフトで「読み取る原稿の選択」を「見開き原稿」に設定。保存オプションを本に合わせて選択すれば、非破壊自炊の準備は完了です。

非破壊自炊したいページを開いてセット。本体のScanボタンを押すとスキャンが始まります。あとは「継続読み取り」をクリックして、次のページをスキャンしていけばOKです。

すべてのページを読み取ったら、補正ソフトで本の枠を指定。「すべてのページ」を選択すると、全ページ一括で補正されて歪みが軽減されます。補正したファイルを保存。PDFリーダーで仕上がりを確認しましょう。この情報は『ラジオライフ』2016年1月号に掲載されていました。

■「自炊」おすすめ記事
ScanSnap iX500と自炊裁断機200DXが最強コンビ

■「スキャナー」おすすめ記事
マウス型スキャナが思った以上に便利だった件
フィルムスキャナーはPCなしでJPEG化できる
写真をデータ化するなら「MG5630」が効率よし

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。