ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ビデオテープのデジタル化は直接ダビングが基本

DVD化されない番組を撮りためておいたビデオテープによる大切な映像コレクション。ビデオテープは部屋を占有しがちなのでデジタル化して整理してしまいましょう。ビデオテープのデジタル化は直接ダビングが基本。ビデオテープの映像を手軽にPCに取り込む方法もあります。



スポンサーリンク
ビデオテープのデジタル化は直接ダビングが基本

ビデオテープのデジタル化は簡単

ビデオテープのデジタル化は、VHSなどのビデオテープのデッキとBDレコーダーがあれば簡単。両者をAVケーブルでつないだら、外部入力(L1)にしてレコーダーの録画ボタンを押し、ビデオテープを再生するのが基本です。

ビデオテープのデッキのビデオ出力端子とBDレコーダーのビデオ入力端子を、AVケーブルで接続。なお、最近はコンポジット入力がないレコーダーもあるので注意しましょう。

手持ちのデッキが壊れていても、再生専用ビデオデッキなら12,000円前後で新品が手に入ります。劣化して再生できなくなる前にビデオテープをHDDやDVDに保存しましょう。

ビデオテープをPCにデジタル化

ビデオテープの映像を手軽にPCに取り込みたいなら、アイ・オー・データ機器のケーブル一体型のキャプチャツール「GV-USB2」が定番。付属ソフトをインストールしたPCと再生機器を本機でつなぎ、ソフトをいじるだけです。

「GV-USB2/HQ」は充実の編集機能に対応したアプリがついた上級モデル。高画質補正でSD画質をHD化して保存できます。

さらに「GV-USB2/HQ」の付属ソフト「PowerDirector」を使うと、取り込んだ映像をHD並みにアップスケーリング可能。大画面テレビでもぼやけた感じがしないのはうれしいところです。この情報は『ラジオライフ』2016年1月号に掲載されていました。

■「ビデオテープ」おすすめ記事
ビデオテープをPCなしでMP4ファイルにする方法
ビデオテープをPCを使ってデジタル化する方法

■「デジタル化」おすすめ記事
レコードをデジタル化する機器が通販番組で人気
写真をデータ化するなら「MG5630」が効率よし
フィルムスキャナーはPCなしでJPEG化できる
カセットテープをデジタル化する「CFD-RS500」
アナログレコードを高音質でデジタル化する方法
カセットテープをデジタル化してSDカード録音
8ミリビデオを簡単にデジタルダビングする方法

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事