ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

8ミリビデオを簡単にデジタルダビングする方法

8ミリビデオはHDDレコーダーを使うと、簡単に取り込めます。デジタル化の方法は8ミリビデオとレコーダーをケーブルで接続し、8ミリビデオで再生している映像を録画するだけ。8ミリビデオがDV出力に対応していれば、デジタル信号で映像を出力できるのでデジタルダビングできます。



スポンサーリンク
8ミリビデオを簡単にデジタルダビングする方法

8ミリビデオをデジタルダビング

DV出力対応の8ミリビデオとDV入力対応のHDDレコーダーがある場合は、DVケーブル(i.LINKケーブル)で接続するのがオススメ。DV接続だとデジタルダビングが可能です。

ここで使用している「DCR-TRV9」と東芝「RD-A301」はどちらもDV端子対応なので、これらを利用したデジタル化の方法を紹介しましょう。なお、HDDレコーダー側がi.LINK(TS)入力のみの場合はDV接続できません。

デジタルダビングの前に、8ミリビデオのDV出力端子とHDDレコーダーのDV入力端子を確認しておきます。HDDレコーダーは「DV入力」の記載をチェックすることが大切です。

8ミリビデオを再生したら録画開始

さっそく、8ミリビデオのDV出力端子とレコーダーのDV入力端子をDVケーブルで接続。HDDレコーダーの「編集ナビ」でクイックメニューを開きます。「DV連動録画」という項目があるので、これを選択すればOKです。

オプション設定では録画品質を設定。今回は「MN」→「4.6」と設定しました。HDDレコーダーごとに品質の表示は異なりますが、DV端子を利用する場合はなるべく高画質なものを選びます。

録画画面が表示されたら、8ミリビデオの映像を再生しましょう。ダビングしたい映像が始まったら「録画開始」を押して録画を開始。映像が終了したら「停止(保存)」をクリック。これでHDDに保存されます。

録画番組一覧を開いて、録画した映像が保存されているのを確認しましょう。この情報は『ラジオライフ』別冊に掲載されていました。

■「8ミリビデオ」おすすめ記事
8ミリビデオをPCを経由せずにHDDに保存する

■「デジタル化」おすすめ記事
レコードをデジタル化する機器が通販番組で人気
写真をデータ化するなら「MG5630」が効率よし
フィルムスキャナーはPCなしでJPEG化できる
カセットテープをデジタル化する「CFD-RS500」
アナログレコードを高音質でデジタル化する方法
ビデオテープをPCなしでMP4ファイルにする方法
ビデオテープのデジタル化は直接ダビングが基本
カセットテープをデジタル化してSDカード録音

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事