ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

予防接種なしでインフルエンザ対策をする方法

予防接種なしでインフルエンザ対策をする方法を紹介しましょう。それはインフルエンザ治療薬を先に飲むというもの。タミフルなどの治療薬は予防的に使われるケースがあるのです。予防接種なしでインフルエンザ対策をする方法を詳しく見ていきましょう。



スポンサーリンク
予防接種なしでインフルエンザ対策をする方法

予防接種なしでインフルエンザ対策

乾燥しやすい季節は、インフルエンザに要注意。予防接種をしたいんだけど、注射がどうも苦手…という方には、インフルエンザ治療薬を先に飲むという“予防法”があります。

タミフル、リレンザ、イナビルなど多くの治療薬は、実は予防的に使われるケースもあるのです。どれも1度診察は受けてからの処方箋が必要になります。

例えば、絶対にインフルエンザになっては困る試験などが控えている場合などは医師に相談。予防接種なしでインフルエンザ対策に、1週間前から服用するという人もいるようです。

予防接種なしで予防薬として使える薬

予防接種なしでインフルエンザ予防薬として使える薬は「タミフル」「リレンザ」「イナビル」になります。

タミフルはカプセルの場合、成人及び体重37.5kg以上の小児は1回75mgを1日2回、5日間経口投与するもの。リレンザは成人及び小児には、1回10mgを1日2回、5日間、専用の吸入器を用いて吸入します。

イナビルは2010年誕生の新薬です。成人は40mgを単回吸入投与するのみ。一回投与するだけです。この情報は『ラジオライフ』2016年2月号に掲載されていました。

■「医薬品」おすすめ記事
サノレックスは脳に「痩せる」を調教する劇薬
防風通聖散はぽっこりお腹に効くダイエット薬
体臭の原因除去で力を発揮するアイテムはこれ
アットノンクリームはしわ対策に効果アリ!!
医療費控除の対象を理解して確定申告で得する
下痢止め薬なら「正露丸糖衣S」を飲むのがお得
グリチロンはアルコール分解薬として効果を発揮
解熱剤はバファリンよりロキソニンのほうが効く
プロペシアは本当に効果のある脱毛症のクスリ
体臭を改善するクスリのウソ・ホントを見極める

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。