ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

iTunesでMP3などデジタル化した楽曲を管理する

MP3などにデジタル化した楽曲は「iTunes」のミュージックライブラリに登録し、タグを付けることで管理しやすくなります。また、アートワークや歌詞を音楽ファイルに埋め込んで、スマホで表示することも可能です。iTunesでMP3などデジタル化した楽曲を管理する方法を紹介します。



スポンサーリンク
iTunesでMP3などデジタル化した楽曲を管理する

iTunesでMP3ファイルを管理する

iTunesでMP3などの音楽ファイルを管理する方法は、まず音楽ファイルを登録から。MP3形式で保存した音楽ファイルを、iTunesにドラッグ&ドロップして登録します。

次に、登録した楽曲をミュージックライブラリから探しましょう。タグを登録していない場合は「不明なアルバム」「不明なアーティスト」となっているはずです。

ここで楽曲を右クリックして「プロパティ」を開き、タグを編集します。全項目入力する必要はありませんが、曲名、アーティスト、アルバム名は登録しておきましょう。

iTunesのMP3の管理機能を活用

続いて、iTunesでアートワークの登録です。プロパティの「アートワーク」タブを開いて「アートワークを追加」から、アルバムのパッケージ画像などを登録します。

最後は歌詞の登録です。楽曲に歌詞がある場合は「歌詞」を開いて登録。スマホやタブレットなどで表示することもできます。

登録が済んだらライブラリで確認です。ミュージックライブラリに戻ると、タグ情報が反映されているはず。アートワークを登録すると視覚的に管理しやすくなるでしょう。ぜひiTunesのMP3ファイの管理機能を活用したいところです。この情報は『ラジオライフ』別冊に掲載されていました。

■「デジタル化」おすすめ記事
レコードをデジタル化する機器が通販番組で人気
写真をデータ化するなら「MG5630」が効率よし
フィルムスキャナーはPCなしでJPEG化できる
アナログレコードを高音質でデジタル化する方法
ビデオテープをPCなしでMP4ファイルにする方法
ビデオテープのデジタル化は直接ダビングが基本
8ミリビデオを簡単にデジタルダビングする方法

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。