ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

映画館の座席を激混みで確保できる保険席とは?

激混み映画館でも座席を確保する方法があります。それが「保険席」と呼ばれる座席。映画館側で5~20の座席をキープしているのです。そこで、映画館の座席を激込みでも確保できる保険席の見つけ方を紹介しましょう。保険席は映画の予告中などに確認するのが手です。



スポンサーリンク
映画館の座席を激混みで確保できる保険席とは?

映画館の座席には保険席がある

人気の映画作品を見に行ってありがちなのが、映画館の座席が最前列や端しか残っていない…という状況。でも、安心して下さい。いい席は空いてますよ!

シネコンなどの映画館には「保険席」と呼ばれる座席があります。座席が壊れたりゲストが来場した時のために、映画館側で5~20席をキープしているのです。

映画宣伝イベントなどで俳優や監督が座ることもあるため、映画が見やすくトイレにも立ちやすい良席であることがほとんど。場所を把握しておけばこちらのものです。

映画館の座席に隠された保険席

400席ほどの中央に通路がある大きな映画館では、後方ブロックの通路側が保険席の可能性大。100席ほどの小さい映画館は通路側中段が保険席ゾーン。小さい映画館は人気のない作品の上映が多く、満席になることは少ないですが…。

映画館の座席に隠された保険席を見つけるには、まず満席状態の客席で、他のお客が座っていない席を探します。「中段の通路側」「並び席」であることが多いでしょう。予告中や上映終了直後に通路を1周して確認するのが手です。

映画館が混んでいても、座席の場所は気にせずにチケットを買い、何食わぬ顔で保険席に座りましょう。この情報は『ラジオライフ』2016年2月号に掲載されていました。

■「映画館」おすすめ記事
イオンシネマWEBスクリーンで映画代がタダに!
映画料金を365日いつでも1,000円にする方法

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事