ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

PDF編集のフリーソフトならCubePDF Utility

PDF化してから不要なページがあるのを見つけたり、ページ順が間違っているのに気付いたことはありませんか? そんなときはPDFが編集できるフリーソフト「CubePDF Utility」を使うことで修正できます。さっそく、PDF編集のフリーソフトの使い方を見ていきましょう。



スポンサーリンク
PDF編集のフリーソフトならCubePDF Utility

PDFを編集できるフリーソフト

PDFを作成してからページの抜けを発見したり、ページ順が間違っているのに気付くことは多いもの。そんなときはPDFを作り直すのではなく、「CubePDF Utility」を利用して既存のPDFを編集しましょう。

CubePDF UtilityはPDFのページを追加・削除したり、並び替えることができるフリーの編集ソフト。PDFを再作成する手間が省けるので便利です。CubeSoftのページからダウンロードできます。

PDFを編集する方法は、修正したい箇所を選択してツールバーの挿入や削除、並び替えなどの編集機能を選ぶだけ。PDFのサムネイル(縮小画像)を確認しながら作業できるので操作もしやすいでしょう。

PDF編集のフリーソフトの使い方

PDF編集のフリーソフトの使い方を見ていきましょう。CubePDF Utilityを起動したら、ツールバーの「開く」をクリックしてPDFファイルを開きます。ページの向きが横向きだったり、反対だった場合は「左90度」「右90度」ボタンから回転させて修正しましょう。

不要なページがある場合は、そのページを選択して「削除」→「選択ページを削除」から取り除きます。ページが不足していた場合は「挿入」から挿入位置を指定して、追加したいPDFファイルを選べばOKです。

「抽出」から「選択ページを単一ファイルとして抽出」を選ぶと、選択しているページだけを取り出してPDFファイルとして保存可能。ページ順を入れ替えたい場合は、そのページのサムネイルを移動したいところへドラッグ&ドロップします。この情報は『ラジオライフ』別冊に掲載されていました。

■「PDF」おすすめ記事
PDFのサイズを縮小してくれる簡単フリーソフト
iPhoneでPDF化!撮影した書類をデジタル化する

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事