ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

PPS(新電力)のエネルギー系サービスを比較

PPSとは「特定規模電気事業者=新電力」を指します。電力自由化に関する新規参入のプレイヤーのことで、母体はガス会社や石油会社といったエネルギー系、スマホやネット回線を提供する通信会社系などです。ここではエネルギー系のPPSのサービスを比較してみましょう。



スポンサーリンク
PPS(新電力)のエネルギー系サービスを比較

PPSはトータルの生活コストで検討

PPSは自社発電所で発電、電力会社や企業の余剰電力の買い取りといった手段で電力を調達します。PPSは大きく、エネルギー系と通信系、交通系とインフラ系に分けられます。

とくに巨大な発電所を持つエネルギー業界からは、大手各社がPPSに参入を表明。自社のサービスとのセット割やポイント付与といった、幅広いサービスで顧客獲得を狙っています。

ポイントは、総合的お得感があるかどうかです。PPSの料金は既存と変わらなくても、ガス料金やガソリン代、ネット回線が安くなり、トータルで生活コストが下げられるなら、既存各社から乗り換えを検討してもよさそうです。

PPSの供給エリアが1都8県で広範囲

東京ガスは「ガス+電気+ネット」で得できるのが特徴。家庭、商店向けなど3つの料金プランを用意して、ガスと電気の両方契約でセット割するのが基本です。上記にプロバイダを加えたトリプル割も用意しています。PPSの供給エリアは関東です。

ENEOSでんきはTポイントを貯めたい人におすすめ。サービス内容は、電気料金の支払いでTポイント付与と、特別提携カードの利用でカードポイントの付与率アップなど。ガソリン、灯油、経由の割引も用意しています。PPSの供給エリアは関東です。

昭和シェル石油はクルマに乗る機会が多い人向け。ガソリン1リットルあたり10円割引のほか、600kwh/月以上で電気代が割引になります。PPSの供給エリアが1都8県で広範囲なのも特徴です。この情報は『ラジオライフ』2016年4月号に掲載されていました。(文/大正谷 成晴)

■「PPS」おすすめ記事
電力自由化のメリット・デメリットを今こそ検証
電力会社が電力自由化で用意したサービスを検証
電力小売自由化の切り替え手続きは意外に簡単

■「電気代の節約」おすすめ記事
電気代を節約するための契約アンペアの適正人数
電気代の節約はグッズを使って楽しみながら実行

■「節約」おすすめ記事
水道代節約は便利グッズを使えばストレス知らず
ガス代節約はお風呂の追い炊きとサヨナラする
ガソリンスタンド検索アプリで1円でも安くする
ガソリン代がキャッシュバックされるクレカ

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。