ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

常備薬として必ず揃えておくべきクスリ4種とは?

クスリや各種衛生グッズは防災グッズの中でも、特に重要なアイテムといえます。災害が発生すると衛生状態は悪化。避難所では入浴は制限され、飲み水の確保も難しくなり体調を崩しがちになります。そこで、常備薬として必ず揃えておくべきクスリ4種を紹介しましょう。



スポンサーリンク
常備薬として必ず揃えておくべきクスリ4種とは?

最低限の常備薬は揃えておきたい

自己防衛のためにも普段から痛み止めや消毒薬といった、最低限の常備薬は揃えておきたいもの。常備薬を選ぶ際に重要なのは抗生物質、解熱剤、消毒液、痛み止めの4種類を揃えることです。

「ロキソニンS」は、市販薬最強の鎮痛剤で風邪や熱を冷まします。「テラマイシン軟膏a」は化膿止めの抗生物質。「ブスコパン」は生理痛や腰痛など各種痛み止め。「イソジン」は傷口の消毒や水の殺菌にも使えます。

常備薬と合わせて揃えておきたい衛生グッズもあります。まずは各種ウイルスや細菌を消毒できる速乾性のアルコール製剤。エタノールが効きにくい細菌にも効果があり、ノロウイルスやポリオウイルスにも対応します。

常備薬を飲む水の確保も重要

なかでも速乾性アルコール消毒薬「ウィル・ステラHV」はプロも認める消毒液です。グリセリンなどの保湿剤が配合されており、肌荒れが起こりにくいのも特徴になります。

常備薬を飲むのにも必要になる水の確保も重要です。魚が棲める水なら浄水可能な携帯浄水器「mizu-Q」が、ペットボトル対応になり新発売。粒状活性炭などが汚水を清潔にします。1本で500mlのペットボトル約200杯浄水可能です。

ケガした時に、自分1人で包帯を使った応急処置は難しいものです。自分で巻ける包帯「ミリタリーFCP-01」は、殺菌消毒済みのパッドと包帯が一体化。添え木にもなり、慣れていなくても1人で巻けます。この情報は『ラジオライフ』2016年4月号に掲載されていました。

■「常備薬」おすすめ記事
市販薬を組み合わせて最強の常備薬セットを作る

■「薬」おすすめ記事
アットノンクリームはしわ対策に効果アリ!!
下痢止め薬なら「正露丸糖衣S」を飲むのがお得
解熱剤はバファリンよりロキソニンのほうが効く
防風通聖散はぽっこりお腹に効くダイエット薬
チョコラBBの効果を最大化する組み合わせは?

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。