ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Ninebot Oneは近未来型フォルムの電動一輪車

SF映画に登場しそうな近未来型フォルムの電動一輪車が「Ninebot One」です。重心移動で前後左右に走行可能。走る姿もSF映画のワンシーンのようです。連動アプリを使えばホイールに配置されてLEDもカスタマイズできます。そんな電動一輪車のNinebot Oneを実際にチャレンジしてみました。



スポンサーリンク
Ninebot Oneは近未来型フォルムの電動一輪車

Ninebot Oneの最高速度は15km/h

Ninebot Oneは、両脇のステップへの体重のかけ具合で進行方向と速度が決まる、バッテリー駆動の一輪車です。製造しているナインボット社はセグウェイの親会社。2輪タイプの「Ninebot E」「Ninebot miniPro」もラインアップされています。

Ninebot Oneの最高速度は15km/h、走行距離は約10~15kmです。電源はAC100V充電で150分、耐荷重は約120kg。サイズは約453W×475H×175Dmmで、重さは13.8kgとなっています。実勢価格は118,584円です。

Ninebot Oneの走行は、ステップの前側に体重をかけると前進、後ろにかけると停止、後進もOK。重心移動は、前後方向ではスキー、左右方向ではバイクの感覚に近く、1時間程度の練習でコツがつかめます。

Ninebot Oneはアプリと連動する

アプリ「Ninedroid APP」のインストールでスマホとNinebot Oneは連動。速度や残りの走行可能距離などが分かります。また、ホイールに配置されたLEDの配色もカスタマイズ可能です。

道交法により公道では走行できないため、閉鎖した私有地でNinebot Oneに実際にチャレンジしました。不動姿勢でスーッと滑るように走る様は、一輪車の斬新なフォルムとあいまってSF映画のワンシーンのよう!

仁王立ちのままのNinebot Oneの走行は注目度バツグンです。ただし「ルンバに乗ってる!」という声も聞こえてきました…。この情報は『ラジオライフ』2016年5月号に掲載されていました。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。