ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

金属探知機はモニター付きが感度調整できて便利

アクセサリーを紛失した時や危険物の除去などに有用なのが、金属探知機です。しかし、安価な製品は金属類を分別して探知できないことが多く、何にでも反応してしまいます。そんな金属探知機はモニター付きがおすすめ。感度調整できるので金属をターゲットを絞って探し出せます。



スポンサーリンク
金属探知機はモニター付きが感度調整できて便利

金属探知機は5種類を探し出せる

防犯対策ネットの金属探知機「MIMD3010」は金属別に探知でき、感度の調整も可能。鉄・アルミ・銅・金・シルバーと、5種類の金属の中からターゲットを絞って探し出せます。

金属探知機の基本スペックは、対応金属が鉄・アルミ・銅・金・シルバー。電源は単3形乾電池×6本となっています。サイズは153W×550H×355Dmmで、重さは3kg。実勢価格は21,384円です。

この金属探知機は任意の金属を探知できるのが特徴。例えば鉄製の釘を探す場合、液晶の「金属選択アイコン」を「IRON」だけにします。

金属探知機は軽量でわずか3kg

実際には「SET」ボタンを2回押したら「▲」ボタンと「MODE」ボタンを押して「IRON」以外をチェック。「ENTER」ボタンを押せば、金属探知機は鉄だけに反応します。

実験では、砂場に隠した100円玉を見事に探し当てました。100円玉は銅とニッケルで構成されているるので、銅と鉄を探知できるように金属を絞ります。探知部分は金属に対して水平になるように。ゆっくり動かすのがコツです。

モニター付きの本格派ながら、この金属探知機は軽量でわずか3kg。アームを付ければ扱いやすいので、埋蔵金探しにももってこいかもしれません!? この情報は『ラジオライフ』2016年5月号に掲載されていました。

■「探知機」おすすめ記事
オービスはGPSレーダー探知機じゃないと無理
GPSレーダー探知機にはおすすめ機能がいっぱい
レーダー探知機のおすすめを比較テストで選ぶ
ユピテルGWR103sdはGPS測位の精度バツグン

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。