ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ダイソンのロボット掃除機は10畳を40分で完了

吸引力抜群のサイクロン式クリーナーで有名なダイソンが、ロボット式自動掃除機を開発。毎分78,000回転のモーターで、他のロボット掃除機の4倍もの吸引力を実現するといいます。さっそく、ダイソンのロボット掃除機を実際に使ってみた使用リポートをお送りしましょう。



スポンサーリンク
ダイソンのロボット掃除機は10畳を40分で完了

ダイソンのロボット掃除機の実力

ダイソンのロボット掃除機は「360eye」。実勢価格は149,040円です。使用時間は約45分、モーター回転数は毎分78,000回となっています。サイズは230W×120H×240Dmmで、重さは2.4kg。電源は内蔵バッテリー(AC100V)です。

ダイソンのロボット掃除機は機体幅のクリーナーヘッドが、ゴミを一網打尽する仕組み。他のダイソン製掃除機と同等のパワーです。

とはいえ、本当にロボットが部屋を自動でピカピカに掃除してくれるのでしょうか? 応接セットの置かれた10畳の部屋にお米をまいた状態で、ダイソンのロボット掃除機の実力を試してみました。

ダイソンのロボット掃除機アプリ

すると、ダイソンのロボット掃除機はセンサーで検知しながら障害物を避けるので、狭い場所も難なく進めます。お米を一発でほぼ収集。3往復で全部吸い取りました。

こうして吸引力が落ちることなく約40分で掃除が完了。大量のホコリを捕集してくれました。掃除途中でも充電ドックに接続するので、長時間の掃除も可能です。

さらにダイソンのロボット掃除機には「Dyson Link」というアプリも用意されています。稼働予約や掃除履歴の閲覧、設定の変更などがアプリで可能。より便利に利用できます。この情報は『ラジオライフ』2016年6月号に掲載されていました。

■「ダイソンDC62」おすすめ記事
ダイソンDC62の吸引力はホントに落ちなかった
ダイソンDC62のモーダーヘッドは水拭きいらず

■「ロボット掃除機」おすすめ記事
お掃除ロボットが3千円台!驚きのフォルムとは
お掃除ロボット「マルゲッター」を使ってみた

■「掃除」おすすめ記事
エアコンフィルター掃除と内部洗浄を自分でやる
アイリスオーヤマの高圧洗浄機はとにかく小さい
窓掃除はマグネット式クリーナーが便利だった
風呂掃除が簡単!充電式お風呂回転ブラシセット
洗剤革命はホントに浸けるだけで汚れを分解した
布団掃除機をハンディクリーナーで自作する方法

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事