ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

tacookはご飯とおかずが同時に作れる炊飯器

タイガーから発売されている「tacook」はご飯とおかずが同時に作れる炊飯器です。一見よくある普通の三合炊きジャー。しかし中には内釜の他に、クッキングプレートなるものが潜んでいます。実際にtacookを使って、親子丼を作ってみた使用リポートを紹介しましょう。



スポンサーリンク
tacookはご飯とおかずが同時に作れる炊飯器

tacook付属のレシピだけで40種類

tacookのクッキングプレートに材料を入れれば、あとは火加減を気にすることもなく待つだけ。さまざまな料理が、ご飯と同時にアツアツの状態で出来上がります。ボタン1つでOKだから仕事帰りの炊事も楽チンです。

鯖の味噌煮やポトフなど、tacook付属のレシピだけでも40種類。煮込みハンバーグやロールキャベツ、蒸し回鍋肉、バンバンジー香味ソース、鯛のふんわり蒸し、豚ばら肉のカレー蒸し、照り焼きチキン風などが作れます。

料理に熱を加えるのは炊飯時の蒸気ですが、内釜とクッキングプレートはそれぞれ独立した作り。このため、ご飯に料理の味が移ってしまう心配もない優れものです。

tacookで親子丼を実際に作った

実際に「tacook JKU-A551」で親子丼を作ってみました。実勢価格は18,480円です。まずはいつも通りにお米をセット。同時調理の場合は、お米の量は0.5合か1合になります。

付属のレシピ本に従い、具材・調味料をクッキングプレートに入れてセット。指定通りのメニュー・分数をセットしたら「炊飯」ボタンを押すだけです。

待つこと約1時間…。材料を入れただけで親子丼の具材と白米が炊き上がりました! 鶏肉にもきちんと火が通っていて、卵もふわふわ! とくに手間もかからずに完成しました。この情報は『ラジオライフ』2016年6月号に掲載されていました。

■「炊飯器」おすすめ記事
炊飯ジャー「極め羽釜」2kg700円のお米を炊く
車中泊グッズで温かい食事とテーブルを用意する
非常食を最小限の装備でホカホカで食べる方法
にがり1滴で安いお米が高級米の味わいになる
古米を美味しく炊く方法はグリシン・寒天・米油
松茸ご飯をエリンギとまつたけエッセンスで作る

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。