ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

蚊取り機能を搭載した空気清浄機で年中快適に!

蚊取り機能を備えたプラズマクラスター空気清浄機が登場しました。これなら空気の汚れも蚊も取れて、年中快適に過ごせるというわけです。しかも、蚊取り機能には薬剤は使っていないため、子どもがいる家庭でも安心して使えます。蚊取り機能付きの空気清浄機を詳しく見てみましょう。



スポンサーリンク
蚊取り機能を搭載した空気清浄機で年中快適に!

蚊取り線香のニオイが苦手でも安心

加湿機能、花粉症モード、PM2.5対応などが当たり前となりつつある空気清浄機。そこに初めて蚊取り機能を搭載したのが、シャープの「蚊取空清 FU-GK50」です。実勢価格は53,870円となっています。

薬剤を使わず、蚊が好む紫外線や身を潜めやすい構造でおびき寄せ、そのまま蚊取りシートで捕獲します。蚊取り線香のニオイが苦手…という方も、これなら安心。子どもがいる家庭にもオススメです。

基本性能ともいえる空気清浄機能は、プレ/脱臭/静電HEPAと3層のフィルターにイオンの力(プラズマクラスター)を搭載。微小な粒子やニオイを逃しません。

蚊取りシートで捕獲される仕組み

8畳の部屋を強モード運転で、約12分で清浄。空気清浄機の上部からは強烈な風が吹き出し、空気を循環させます。

実際の蚊取り機能は、蚊が好む黒色ボディに蚊が隠れたがる小窓を配した構造。その奥ではUVライトが発光します。ここに近づいた蚊は、蚊取りシートで捕獲される仕組みです。

運転モードは「強/中/おやすみ」の3段階。電源はAC電源です。サイズは391W×540H×281Dmmで、重さは約5.9kgとなっています。この情報は『ラジオライフ』2016年6月号に掲載されていました。

■「蚊取り」おすすめ記事
蚊を退治する電撃ラケットをパワーUPしてみた
蚊取りラケットをサイズアップして一網打尽に
ハッカ油で虫除けスプレーを自作する方法は簡単
どこでもベープ未来150日セットの設計がすごい

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事