ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ブラーバの床拭き掃除ロボットぶりを検証する

フローリングのから拭き・水拭きが1台でできるロボット掃除機が「Braava(ブラーバ)」です。ぞうきん掛けロボットがあれば部屋の中がスッキリするはず。そこで、実際にブラーバでから拭き掃除と水拭き掃除を実践。ブラーバの床拭き掃除ロボット振りを検証してみました。



スポンサーリンク
ブラーバの床拭き掃除ロボットぶりを検証する

ブラーバの床拭き掃除を検証

床拭き掃除は、とても面倒なもの。iRobotの床拭きロボット「Braava 380j」は、自動でから拭きと水拭きをしてくれるのがウリです。

センサーで部屋の形状をマッピングしながら、から拭きモードでは直線的に、水拭きモードではY字を描きます。まるで優秀なお手伝いさんのように隅々まで拭いてくれるのです。

そこで、ブラーバの床拭き掃除ロボットとして機能を、実際に使って検証してみました。付属の「NorthStarキューブ」をテーブルの上などに置くと、信号を発して本体が部屋全体の形状を把握します。

ブラーバのから拭きと水拭き

まずは、ブラーバのから拭きから見てみましょう。ブラーバは障害物は避けながら部屋の隅までから拭き。ホコリがみるみる取れていきます。約20分間、床をから拭き。目立たなかったホコリや髪の毛をキャッチしていました。

今度はブラーバの水拭きです。給水口に入れた水が自動で排出され、Y字を描くように丁寧に床を拭いていきます。ブラーバは階段を自動で検知して、落ちないように避けていました。ビル清掃にも使えるかもしれません。

ブラーバは内蔵バッテリー(AC100V)で駆動。使用時間はドライモードで約4時間、ウェットモードで約2.5時間となっています。サイズは244W×79H×216Dmm、重さは1.8kg。実勢価格は35,164円です。この情報は『ラジオライフ』2016年6月号に掲載されていました。

■「掃除ロボット」おすすめ記事
お掃除ロボットが3千円台!驚きのフォルムとは
お掃除ロボット「マルゲッター」を使ってみた
窓掃除には自動窓拭きロボット「HOBOT-188」

■「掃除」おすすめ記事
エアコンフィルター掃除と内部洗浄を自分でやる
アイリスオーヤマの高圧洗浄機はとにかく小さい
窓掃除はマグネット式クリーナーが便利だった
風呂掃除が簡単!充電式お風呂回転ブラシセット
洗剤革命はホントに浸けるだけで汚れを分解した
布団掃除機をハンディクリーナーで自作する方法

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。