ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

シャープの布団掃除機のサイクロンを試してみた

ダニやハウスダスト、花粉などのアレル物質は、布団を干しても自然に付着します。それらを逃さず捕集できるのがシャープの布団掃除機。布団専用のサイクロン掃除機です。そこで、シャープの布団掃除機のサイクロンを試してみました。布団での集じん実験を詳しく見ていきましょう。



スポンサーリンク
シャープの布団掃除機のサイクロンを試してみた

シャープの布団掃除機で集じん実験

シャープの布団掃除機は、底面のモーターから出る温風でダニをはがし、パワーブラシで叩いて吸い取ります。アレル物質のないクリーンな布団で、安眠できるでしょう。

さっそく、シャープの布団掃除機を使ってみました。干したばかりの布団にサイクロン布団掃除機をかけて、集じん実験をしてみます。今回はシャープの布団掃除機「Cornet EC-HX150」を使用しました。

端から2往復するとホコリやチリなどがごっそり捕集できました。外気中のチリなどが付着していたようです。これを就寝中に吸っていたと思うと恐ろしくなります。

シャープの布団掃除機の吸引力の秘密

実際に、布団の繊維に吸着していたホコリやダニのふんがどうなったかも確認しました。ホコリやダニのふんは、吸引するとアレルギーになることもあります。

吸引後の布団の繊維を見てみると、細かいほこりなどが吸い取られ、きれいに掃除できていましたた。温風で温かく気持ちいい仕上がりです。

このシャープの布団掃除機の吸引力の秘密は、裏面のたたきハイパワーブラシ。毎分12,000回の高速振動と強力吸引で、アレル物質の99%を除去するのでした。

シャープの布団掃除機のサイズは304W×254H×405Dmmで、重さは2.4kg。実勢価格は33,350円となっています。この情報は『ラジオライフ』2016年6月号に掲載されていました。

■「シャープ」おすすめ記事
シャープの電卓はその後の液晶開発の原点だった
データ放送も録画するシャープ製BDレコーダー

■「布団掃除機」おすすめ記事
布団掃除機をハンディクリーナーで自作する方法
アイリスオーヤマの布団乾燥機がいろいろ使える

■「掃除機」おすすめ記事
お掃除ロボットが3千円台!驚きのフォルムとは
お掃除ロボット「マルゲッター」を使ってみた
ダイソンDC62の吸引力はホントに落ちなかった
ダイソンDC62のモーダーヘッドは水拭きいらず
スイブルスイーパーマックスは用途限定で使う

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事