ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Windows10へのアップグレード通知を消す方法

Windows7のまま使用したいユーザーにとって、使用中に表示されるWindows10へのアップグレード通知は、ウイルス並に厄介なものです。通知はそのままにしておいても2016年7月29日以降に表示されなくなる予定。しかし、勝手にアップグレードされないよう非表示化してしまいましょう。



スポンサーリンク
Windows10へのアップグレード通知を消す方法

Windows10へのアップグレード通知

Windows10へのアップグレード通知を消す方法は、まずコントロールパネルで「システムとセキュリティ」を選択。「Windows Update」の「設定の変更」を開きます。

ここで「更新プログラムを確認するが、ダウンロードとインストールを行うかどうかは選択する」を選択。「OK」を押して「Windows Update」の画面に戻ります。

続いて「更新プログラムの確認」から更新プログラム一覧を取得。「Windows10~」を右クリックして「更新プログラムの非表示」を選択します。ひとまず「Windows Update」の設定はこれで終了です。

Windows10はダウングレードできる

今度は「Ctrl」+「Alt」+「Delete」キーを押してタスクマネージャーを起動。「GWX.exe」がある場合は強制終了させます。

コントロールパネルで「プログラムのアンインストール」を開き、「インストールされた更新プログラムを表示」を選択。「Microsoft Windows(KB3035583)の更新プログラム」を探して、「アンインストール」から更新プログラムを削除するのです。これで通知はなくなります。

なお、Windows10に誤ってアップグレードしても1か月間はWindows7にダウングレード可能。アップグレード後に導入したアプリやシステム設定は消えるので、アップグレードしてしまったら速やかにダウングレードしましょう。この情報は『ラジオライフ』2016年7月号に掲載されていました。

■「Windows10」おすすめ記事
Windows10が初期化状態になる隠しモードとは?
AndroidとWindows10が両方楽しめる小型PC
キーロガーにWindows10対応ソフトウェア型登場

■「Windows7」おすすめ記事
Windows7の再インストールは準備が大切だった
Windows7の再インストール手順を覚えておこう
Windows7高速化はメンテナンスソフトを活用
Windows7のスタートアップ整理で起動時間を短縮
Windows7にWindows10同等の機能を移植する
Windows7を高速化するための電源とメモリ設定

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事