ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Windows7にWindows10同等の機能を移植する

Windows10に追加された新機能の多くは、フリーソフトを使うことでWindows7でも再現可能。そこで、Windows7でWindows10風のスタートメニューを作る方法を紹介しましょう。Windows7でも、Windows10のような自由にタイルを配置できるスタートメニューが使えるようになります。



スポンサーリンク
Windows7にWindows10同等の機能を移植する

Windows7でWindows10を再現する

Windows10のスタートメニューは、よく利用するソフトをタイルとして配置し、自由に並び替えられる設計。また、アプリによってはアプリの内容をタイルに表示する「ライブタイル」機能にも対応しています。

Start Menu Reviver」は、タイル機能付きのWindows10風スタートメニューを、Windows7で再現できるソフトです。タイル表示はよく利用するソフトを見つけやすく表示できるため、とても便利。Windows7のスタートメニューより、確実に使いやすくなります。

Start Menu Reviverは頻繁に利用するソフトを、タイルとして自由に配置可能。ただし、Windows7用ソフトはライブタイル機能に対応していないため、これだけは再現できません。

Windows7でWindows10風のメニュー

Windows7でWindows10風のスタートメニューを作る方法を具体的に見ていきましょう。Start Menu Reviverをインストールして起動すると、スタートメニューが置き換えられています。

タイルを追加したい部分を右クリックして、「タイルの追加」を選択。登録す
るソフトのEXEファイルを指定すればOKです。これでタイルが追加されました。

説明や色、アイコンを任意で指定すればタイルが作成されます。クリックしてソフトの起動を確認しましょう。この情報は『ラジオライフ』2016年7月号に掲載されていました。

■「Windows7」おすすめ記事
Windows7の再インストールは準備が大切だった
Windows7高速化はメンテナンスソフトを活用
Windows7のスタートアップ整理で起動時間を短縮
Windows7にWindows10同等の機能を移植する
Windows10へのアップグレード通知を消す方法
Windows7を高速化するための電源とメモリ設定

■「Windows10」おすすめ記事
Windows10が初期化状態になる隠しモードとは?
AndroidとWindows10が両方楽しめる小型PC
キーロガーにWindows10対応ソフトウェア型登場

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事