ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ディスククリーンアップで不要ファイルを一掃

WindowsのシステムがあるCドライブにたくさんのゴミファイルが貯まります。メンテナンスソフトで削除で除去しきれないものはWindows標準のメンテナンス機能「ディスククリーンアップ」で個別に除去しましょう。また、HDD内の重複ファイルを削除するツールも紹介します。



スポンサーリンク
ディスククリーンアップで不要ファイルを一掃

ディスククリーンアップで安全に削除

ディスククリーンアップは、Cドライブを右クリックして「プロパティ」を開き、「ディスクのクリーンアップ」をクリック。「システムファイルのクリーンアップ」を選択します。

削除したいファイルを選んで「OK」→「ファイルの削除」から削除。ディスククリーンアップで安全に削除できるのは「ダウンロードされたプログラムファイル」「インターネット一時ファイル」などです。

このほか「オフラインWebページ」「ユーザーによってアーカイブされたエラー報告ファイル」「システムによってキューされたエラー報告ファイル」「ログファイルの設定」「縮小表示」なども安全に削除できます。

HDD内の重複ファイルの削除ツール

また、HDD内にはいつの間にか重複ファイルが作成されているもの。そのままにしておくとHDD容量を占有するため、削除してしまいましょう。重複ファイルは「FileMany」で検出・削除できます。

また、削除するのが怖い場合は、空き容量が十分ある別ドライブに移動しておくのも手です。まずは重複ファイルの検索対象とするフォルダを選んで「検索」アイコンをクリックします。

重複ファイルが見つかったら、整理したい方にチェックを入れます。「削除or移動」をクリックして、削除するか別フォルダに移動しましょう。この情報は『ラジオライフ』2016年7月号に掲載されていました。

■「Windows」おすすめ記事
Windows10が初期化状態になる隠しモードとは?
AndroidとWindows10が両方楽しめる小型PC
キーロガーにWindows10対応ソフトウェア型登場
Windows7の再インストールは準備が大切だった
Windows7の再インストール手順を覚えておこう
Windows7高速化はメンテナンスソフトを活用
Windows7のスタートアップ整理で起動時間を短縮
Windows7にWindows10同等の機能を移植する
Windows7を高速化するための電源とメモリ設定

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。