ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Windows7でWindows10の仮想デスクトップを使う

Windows10の登場で減少しつつあるが、それでも全OSの約50%はWindows7。オフィスワークや趣味などで愛用しているWindows7を、まだまだ快適に使い続けたいところです。そこで、Windows7でWindows10の仮想デスクトップを使う方法を紹介しましょう。



スポンサーリンク
Windows7でWindows10の仮想デスクトップを使う

Windows7で仮想デスクトップ

Windows10では仮想デスクトップを作成し、デスクトップごとにウインドウを整理できます。Windows7でこれを再現するには「Blacksmith」をインストールすればOKです。

Windows10ではタスクバーの「タスクビュー」ボタンをクリックすると、仮想デスクトップ機能を呼び出せます。これを再現するBlacksmithは、マウス操作で仮想デスクトップを切り替え。ホットキーでの切り替えにも対応します。

さっそく、Windows7でWindows10の仮想デスクトップを使う方法を紹介しましょう。Blacksmithは「jLab」で入手。インストールして起動したら、タスクトレイのアイコンから「設定」を開きます。

仮想デスクトップをマウスで切り替え

ここで「拡張デスクトップ数」で仮想デスクトップの数を決定。Windows7で仮想デスクトップが使用できます。マウスのホイールボタンを押しながら左右に動かして、デスクトップを切り替えましょう。

Blacksmithには、仮想デスクトップ以外にも便利な機能が搭載。ランチャーを表示して目的のソフトを起動できます。Blacksmithの設定を開いて「AppVi ew」の項目を「インストール済みプログラムを表示する」を選択すればOKです。

ホイールボタンをクリックすると、インストールされているソフトの一覧がスマホのホーム画面のように表示。目的のソフトをすぐに起動可能です。この情報は『ラジオライフ』2016年6月号に掲載されていました。(文/中谷 仁)

■「Windows7」おすすめ記事
Windows7の再インストールは準備が大切だった
Windows7高速化はメンテナンスソフトを活用
Windows7のスタートアップ整理で起動時間を短縮
Windows7にWindows10同等の機能を移植する
Windows10へのアップグレード通知を消す方法
Windows7を高速化するための電源とメモリ設定

■「Windows10」おすすめ記事
Windows10が初期化状態になる隠しモードとは?
AndroidとWindows10が両方楽しめる小型PC
キーロガーにWindows10対応ソフトウェア型登場

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事