ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

レンタサイクルで東京都内の有名観光地を巡る

「東京都自転車シェアリング」は隣接する千代田区・中央区・港区・江東区の4区を縦断するレンタサイクル。30分150円からという料金で、乗り捨てOKで使えるのが魅力です。しかも、レンタサイクルはすべてアシスト付き電動自転車。観光に便利なレンタサイクルを紹介しましょう。



スポンサーリンク
レンタサイクルで東京都内の有名観光地を巡る

レンタサイクルで有名観光地を巡る

2016年2月にスタートした、千代田区・中央区・港区・江東区の4区を縦断する「東京都自転車シェアリング」。よくあるレンタサイクルなのですが、4つの区内をまたいで利用できるのがポイントです。

隣接する東京都内4区のレンタサイクルシステムを共通化し、区の違いを意識せず利用できます。好きなサイクルポートで乗り捨て可能です。

貸出・返却が可能なサイクルポートが、116か所と多く使いやすいのも特徴。すべてアシスト付き電動自転車です。お台場や築地、銀座、国会議事堂、皇居といった有名観光地がエリア内のため、レンタサイクルで巡ることができます。

レンタサイクルの具体的なプラン

レンタサイクルの料金は1回の利用で150円/30分から。夜中まで使える1,500円の1日会員コースも用意されています。整備済みの電動自転車を使えることを考えたら激安です。

レンタサイクルの具体的なプランは「1回会員」が利用可能時間24時間で、最初の30分が150円、延長料金が100円/30分となっています。支払い方法はクレジットカードです。

一方の「1日パス」は利用可能時間が当日の23:59までで、料金は1,500円/1日となっています。支払い方法はクレジットカードまたは交通系ICカードです。1日7.5時間以上乗るなら、1日会員がおトクです。この情報は『ラジオライフ』2016年6月号に掲載されていました。(文/すたみな花子)

■「レンタサイクル」おすすめ記事
レンタサイクルが無料!駅で使えるタダ自転車

■「自転車」おすすめ記事
自転車の鍵はボルトカッターで簡単に切断できる
パナソニックが自転車をいまだに作り続ける理由
自転車ライトは対向車に配慮したモデルを選ぶ
自転車チェーンは速乾性の潤滑剤で超軽くなる
パンクしない自転車の大本命がエバーチューブ

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事