ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

OneDriveでWindows7にリモートアクセスする

「OneDrive」はWindows10標準のオンラインストレージとしてエクスプローラーに組み込まれています。ここからファイルを管理するだけで、ファイルの同期が手軽に行えます。このOneDriveをWindows7で使う方法を紹介しましょう。Windows7のPCにリモートアクセスもできるようになります。



スポンサーリンク
OneDriveでWindows7にリモートアクセスする

Windows7でOneDriveが利用可能

Windows7でも公式アプリをインストールすることで、エクスプローラーからOneDriveが利用可能。また、OneDriveを利用すると別のPCからアクセスできるようになるのも便利です。

OneDriveアプリをインストールして、ファイルを同期する方法を見ていきましょう。まずはMicrosoftアカウントを作成し、OneDriveにアクセス。公式アプリをダウンロードしておきましょう。

OneDriveアプリをインストールして設定画面が表示されたら、Microsoftアカウントを入力。OneDrive内のフォルダが表示されるので、同期したいものにチェックを入れます。

OneDriveからリモートアクセス

これでエクスプローラーに「OneDrive」が追加。Windows7でも、OneDriveでファイルを管理できるようになるのです。続いて、OneDriveを利用してWindows7マシンにリモートアクセスする方法を見ていきましょう。

タスクトレイのOneDriveアイコンから「設定」を開き、「OneDri veを使ってこのPC~」にチェック。別のPCのブラウザでOneDriveにアクセスすると、Windows7PCが表示されます。

Windows7マシンを選択して本人確認用のメールアドレスを入力。メールで送られてきたコードを入力します。これでブラウザからWindows7マシンにアクセスできるのです。この情報は『ラジオライフ』2016年6月号に掲載されていました。(文/中谷 仁)

■「Windows7」おすすめ記事
Windows7の再インストールは準備が大切だった
Windows7高速化はメンテナンスソフトを活用
Windows7のスタートアップ整理で起動時間を短縮
Windows7にWindows10同等の機能を移植する
Windows10へのアップグレード通知を消す方法
Windows7を高速化するための電源とメモリ設定

■「Windows」おすすめ記事
Windows10が初期化状態になる隠しモードとは?
AndroidとWindows10が両方楽しめる小型PC
キーロガーにWindows10対応ソフトウェア型登場

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事