ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

カード型受信機はイヤホンアンテナで真価を発揮

唯一無二のカード型受信機である「DJ-X7」は、実用レベルのイヤホンアンテナを装備。常に携帯していても苦にならず、周囲から見てもさほど「受信している」という“違和感”が出ないルックスは、空港のデッキでは重宝します。空港や航空祭の現場で航空無線を受信するときにこそ真価を発揮するのです。


スポンサーリンク
カード型受信機はイヤホンアンテナで真価を発揮

航空無線の現場で使うスタイル

多機能で高性能な受信機は、どうしてボディが大きくなります。ということは、ボディが小さいDJ-X7の性能はしっかりしているのか、心配になるのは当然のこと。特に感度の面では、あまり良い評判が聞こえてこないのも事実です。

しかし、アルインコの「DJ-X7」は外部アンテナに接続し、自宅で腰を据えて受信する時に使うようなキャラクターではありません。そのような使い方をするのであれば、選ぶべき受信機は他にたくさんあります。

DJ-X7のキャラクターは、空港や基地などの“航空無線の現場”で使うスタイル。多少の感度の悪さは、電波の発信源に近いので、さほど気にならないというのが長らく使っていての実感です。

むしろ、小型の受信機にありがちな、受信対象以外の周波数から受ける悪影響は、イヤホンアンテナを使っている状態では、それほど多くないという印象です。

航空無線を手軽に聞きたい人向け

なお、航空無線の受信で気になるスキャンスピードは「手で回した方が早いんじゃね?」と思ってしまうほど遅いのがDJ-X7。TWRなど1波に固定したり、限られた数波をスキャンする使い方が正解なのです。

バッテリーは専用のリチウムイオン電池以外は使用できないという点を欠点として挙げることもできます。ただし、外部電源端子があるので、モバイルバッテリー的なものを接続することは可能です。

スキャンやサーチをしながらだと電池の減りが早いようにも感じますが、航空祭で1日中使うような場合でも、途中で電池が切れてしまい困ったことはありません。

DJ-X7のキャラクターを理解した上で、空港や航空祭の現場で航空無線を手軽に、そして周囲に気を遣うことなく聞きたいという人向けには、ベストバイになるハンディ機です。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事