ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

航空無線を「留守録」する北米仕様の受信機とは

いま航空無線が楽しめる受信機でじわじわ人気が出てきているのがユニデンの「BCD436HP」。北米やオーストラリアなどで販売されている製品のため個人輸入しなければ手に入りません。しかし、航空祭で使用する人も増加中。その人気の理由は航空無線を「留守録」できる機能にあります。


スポンサーリンク
航空無線を「留守録」する北米仕様の受信機とは

航空無線を常にスキャン&サーチ

BCD436HPは北米向けの受信機として設計されているので、本体サイズは71.1W×160.9H×36.9Dmmと少し大きめ。操作性は日本の受信機とは大きく異なり、直感的な操作が困難です。

加えて、取扱説明書は図解なしの英語。国内に輸入代理店はなく、ネット通販による個人輸入しかありません。AmazonUSAからの購入が最も簡単ですが、それでもハードルが高いことには変わりはないでしょう。

それでも、日本国内で人気が出てきているのは、BCD436HPの卓越した録音機能のためです。録音された音声には、受信した周波数や電波型式なども合わせて記録されるので、留守録機として航空無線を常にスキャン&サーチできます。

航空無線に役立つ機能がたくさん

BCD436HPは、受信感度がイマイチと評される面もありますが、UHF帯航空無線に対応した録音機能はそれ以上に魅力。というのも、自衛隊機が使用するGCI(地上要撃管制)の周波数は非公開だからです。

今までは地味なサーチを重ねて判明させていましたが、BCD4536HPの高速サーチと録音機能を使えば、留守録で難なく発見できます。サーチスピードも群を抜いて速いので、録音機能との併用で未判明波の発見も自動で行えます。

BCD436HPには日本の受信機にはない航空無線の受信に役立つ機能がたくさん詰まっています。とくにミリタリー系の航空無線をより深く楽しみたい人は、BCD436HPがベストバイハンディ機です。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事