ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

飛行機の荷物が優先的に出てくるテクニック

エコノミークラスの航空券でも飛行機の荷物が早く出てくるという、ファーストクラスのサービスを受けられるテクニックがあります。すると「DOORSIDE」や「Priority」といったタグが荷物に貼られて、到着空港のターンテーブルから飛行機の荷物が優先的に出てくるのです。



スポンサーリンク
飛行機の荷物が優先的に出てくるテク

飛行機の荷物が優先的に出てくる

大空港では預けた荷物が出てくるまでに、時間がかかることが多々あります。機内に持ち込める手荷物の制限が厳しくなっている昨今、空港到着後に急ぎの用事がある場合はどうすればいいのでしょうか?

そんな時は飛行機の荷物を預ける際に「乗り継ぎ便の時間が迫っているので早く受け取りたい」などの理由をいって、預け入れカウンターの係員にお願いしてみることです。

そうすると、JALなら「DOORSIDE」、ANAなら「Priority」と書かれたタグを荷物に貼ってくれて、到着空港のターンテーブルから荷物が優先的に出てくるようになります。

飛行機の荷物の扱いを別にする方法

これは本来、ファーストクラスなどの上位クラスの搭乗者へのサービス。しかし、場合によってはエコノミークラスでも対応してくれることがあります。

「DOORSIDE」や「Priority」と書かれたタグが貼られてしまえばこちらのもの。地上作業員にはその荷物がファーストクラスの乗客のものかどうかなどは関係ありません。

また、カバンの中にカメラや無線機などの精密機械が入っていることを預け入れの際に告げると、他の飛行機の荷物と扱いが別になり、早目に出てくることもあります。この情報は『ラジオライフ』2015年2月号に掲載されていました。

■「飛行機」おすすめ記事
飛行機の遅延補償はクレジットカードを活用
LCC国内線を使いこなすための4大テクニック
飛行機の座席はどこに座るのが一番安全なのか?

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事