ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

飛行機の座席はどこに座るのが一番安全なのか?

忘れたころにおこるのが飛行機事故。飛行機に乗るなら、少しでも安全な座席を選びたいろころでしょう。飛行機の座席で安全とよくいわれるのが尾翼付近。はたして本当に安全な飛行機の座席はどこになるのでしょうか? 事故や犯罪を想定してシミュレーションしてみました。



スポンサーリンク
飛行機の座席はどこに座るのが一番安全なのか?

飛行機の座席はどこが一番安全?

最新の旅客機としてボーイング787が登場したとき、事故・故障のニュースばかりがつきまったは記憶に新しいところ。こうした機種に限りませんが、飛行機に乗るなら少しでも生存率が高くなる座席を選んだ方が賢明です。

それでは、飛行機の座席はどこが一番安全なのでしょうか? まず機首側は追突や失速で真っ先に破壊される部分。一方で、尾翼は構造上頑丈で1番最後に壊れるとされています。

とはいえ、離着陸に失敗した時は尾翼側が地面に接触するもの。しかし、尾翼が完全に破壊される前に、胴体が接触し始めるのが通常です。やはり、尾翼が一番安全といえるかもしれません。

飛行機の座席は尾翼側がおすすめ

飛行機で犯罪がおきた場合はどうでしょう? テロでは燃料タンク近くは攻撃のターゲットにされるので、主翼側の席が危険です。ハイジャックされた場合は機首側が危険。犯人の機嫌が悪いと、真っ先に殺されたりもします。

飛行機の事故の写真を見るとよく分かりますが、たいてい尾翼は被害が小さなことが多いのが実状。そのため、フライトレコーダー類も尾翼に設置されています。

以上の理由から、飛行機の座席を選ぶなら尾翼側がおすすめです。飛行機から早く降りたい一心で、機首近くの座席を取ろうとする人が多いですが、危険が潜んでいることを知っておきましょう。この情報は『ラジオライフ別冊』に掲載されていました。

■「飛行機」おすすめ記事
飛行機の遅延補償はクレジットカードを活用
LCC国内線を使いこなすための4大テクニック
飛行機の荷物が優先的に出てくるテクニック

■「座席」おすすめ記事
新幹線自由席は偶数号車に並べば座れる確率アップ

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事