ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

スカイマーク「いま得」がLCCよりお得な理由

なるべく安く飛行機に乗ろうとすると、どうしても格安航空券のLCCをイメージしがち。しかし、LCCほど安くはないものの、トータルで考えるとお得なのが中堅航空会社です。なかでもスカイマークの「いま得」は、LCCより快適で大手航空会社より安価に空の旅が楽しめます。



スポンサーリンク
スカイマーク「いま得」がLCCよりお得な理由

スカイマークのいま得は運賃が変動

格安航空券となるとLCCが1番安いと思ってしまいますが、はたしてそうでしょうか。大手航空会社(JALやANA)とLCCの間で奮闘している中堅航空会社に注目です。

中堅航空会社の中には大手航空会社の早割系に対抗できる、小回りの効いた割引き航空券を用意しています。その1つが、スカイマークの「いま得」です。

いま得は搭乗3日前まで予約が可能。空席状況に応じて運賃が変動する仕組みなので、時には格安の料金が出ます。スカイマークのホームページから予約できます。

スカイマークのいま得に軍配は上がる

例えば、東京国際空港(羽田空港)から新千歳空港への便は、普通運賃が21,190円のところ、スカイマークのいま得は8,990円で搭乗できます。これは大手航空会社の早割系などの運賃と比べても1番お得です。

成田国際空港~新千歳空港はLCCだと5,000円前後なので、4,000円ほど割高ですが、都内から成田国際空港に行くまでの時間と交通費、預ける手荷物などのサービスを総合的に考えると、スカイマークのいま得に軍配は上がるでしょう。

旅行や出張が決まったら、まずはスカイマークのWebサイトで、いま得をチェックしましょう。LCCよりも快適で、大手航空会社より安価に空の旅が楽しめます。この情報は『ラジオライフ』2016年2月号に掲載されていました。

■「スカイマーク」おすすめ記事
ピーチ航空のセール運賃をフライングゲット!
ジェットスターのセールを狙うならLoppi端末
LCC国内線を使いこなすための4大テクニック
国内線が格安!60%オフでもキャンセル料500円

■「国内線」おすすめ記事
飛行機の遅延補償はクレジットカードを活用
飛行機の荷物が優先的に出てくるテクニック
飛行機の座席はどこに座るのが一番安全なのか?

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。