ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ジェットスター手荷物制限7kgを回避する方法

格安航空会社は、通常の航空会社と比べて機内手荷物の持ち込み制限が厳しくなっています。そこで、シビアに取られる追加料金を華麗に切り抜ける方法を紹介しましょう。とくにジェットスターは手荷物制限が7kgまで。ジェットスターの手荷物制限を回避する方法を紹介します。



スポンサーリンク
ジェットスター手荷物制限7kgを回避する方法

ジェットスターは手荷物制限が7kg

格安航空会社はチケット代が安い分、いろいろと制限があります。搭乗時に持ち込める手荷物の量も厳しく、うっかりオーバーすると、容赦なく追加料金が発生するのです。

手荷物の追加料金を防ぐには、許可される重量が多い格安航空会社を選べばOK。格安航空会社には7kgまでと10㎏までの会社があるので、最初から10㎏まで持ち込める格安航空会社を選ぶのです。

手荷物の持ち込み制限が10kgまではなのは「ピーチ」と「バニラ・エア」。「ジェットスター・ジャパン」や「春秋航空日本」「エアアジア・ジャパン」は、機内手荷物の持ち込み制限が7kgまでとなっています。

ジェットスターの手荷物追加料を回避

荷物が多くなってしまったら、追加料金を払うより安く済ませる方法があります。空港内の宅配便に駆け込み、段ボールをもらって余剰分の荷物を送ってしまえばいいのです。

量にもよりますが、追加料金の半額程度で済みます。東京~大阪間のジェットスター・ジャパン利用で計算すると、手荷物が8kg(1kgオーバー)になった場合の追加料金は2,600円です。

しかし、ヤマト運輸で重い荷物だけ発送すると764~864円(60サイズ)で済みます。すなわち、約2,000円の出費を抑えられるというわけです。この情報は『ラジオライフ』2016年5月号に掲載されていました。

■「ジェットスター」おすすめ記事
ジェットスターのセールを狙うならLoppi端末

■「格安航空会社」おすすめ記事
ピーチ航空のセール運賃をフライングゲット!
ジェットスターのセールを狙うならLoppi端末
LCC国内線を使いこなすための4大テクニック
国内線が格安!60%オフでもキャンセル料500円
スカイマーク「いま得」がLCCよりお得な理由

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事