ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

プリウスの隠しコマンドで表示される裏メニュー

好評のハイブリッド車、トヨタ・プリウス。すでに30系の旧型プリウスに隠しコマンドがあることは知られていますが、新型プリウスであう50系にも隠しコマンドがありました。エンジン始動前に隠しコマンドを入力すると、2種類のメカニック用の特殊な裏メニューを表示するのです。


スポンサーリンク
プリウスの隠しコマンドで表示される裏メニュー

隠しコマンドでメンテナンスモード

プリウスは、停車時にはエンジンは停止状態。それが、隠しコマンドで突入するメンテナンスモードでは強制的にエンジン駆動となり、エンジン調整・排ガス測定・スピードメーターテストなどが行えるのです。

具体的には、停車時でもエンジン駆動になり、補助バッテリーへ強制充電できます。OBDⅡ+アプリで測ると、アイドリング→アクセルベタ踏みで、約1,000→約2,500回転でした。

また、隠しコマンドで表示されるサーティフィケーションモードでは、エンジン駆動は無しのままスピードメーターやダイナモメーターのテストが可能です。なお、両モードともタイヤの空転を抑えるTRC装置が自動でオフになります。

隠しコマンドでペダルを踏む回数

新型プリウスの隠しコマンドは、次の操作を60秒位内に行います。まず「A/C OFF」の状態でPOWERボタンを2回押し、「!」マークがオレンジ色に点灯するのを確認してください。

左足でブレーキを踏み、Pモードでアクセルペダルを2回踏み込みます。次に、Nモードにしてアクセルペダルを2回踏み込むのです。さらにPモードにし、アクセルペダルを2回踏み込みます。

インジケーターランプがオレンジ色に点滅したら、ブレーキを踏んだ状態でPOWERボタンを押すのです。なお、ペダルを踏む回数が各2回でメンテナンスモード、3回でサーティフィケーションモードとなります。(文/Toybox)

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事