ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ドローンのカメラ映像でロケット&レーザー攻撃

近年大流行のドローンですが、ちょっと過激な遊びができるように、ドローンから暗黒面のポテンシャルを引き出してみましょう。ドローンにロケット&レーザー砲を搭載して、カメラ映像を見ながら攻撃できるように改造するのです。ドローンを空飛ぶ砲台に改造してみましょう。



スポンサーリンク
ドローンのカメラ映像でロケット&レーザー攻撃

ドローンのカメラ映像で無人攻撃

今回作るのは、高出力レーザーとロケット砲(ロケット花火)搭載のドローン。空中を飛び回りながら、ドローンのカメラ映像を見ながらレーザービームやロケットを発射できる無人攻撃機です。

本体のドローンは、編集部に眠っていたパロットの「AR.Drone 2.0」を使用します。付属カメラの映像は、専用アプリを入れたスマホでリアルモニタリングが可能です。

レーザーは、海外通販で入手したレーザーポインターを搭載します。あまりに高出力だと構造が大きくなるので、100mWをチョイスしました。ロケット発射は、100均でも見かけるUSBライターで点火します。

ドローンのカメラ映像で照準合わせ

ドローン本体は手を付けにくい構造なので、追加装備は本体上部の外装に装着しました。下部には、超音波距離センサーやカメラがあり、干渉しないようにするためです。

また、レーザーやロケットランチャーを遠隔操作するために、プロポとは別に無線ユニットを外付けしました。光センサーを付けて、ドローン同士の空中戦も面白そうです。

これで、カメラの映像を見ながら、レーザー光線でターゲットに照準を合わせ、ロケット攻撃するといった遊びもできます。しかも、ロケット花火の煙でレーザー光線がよく見えるので、雰囲気も抜群です。(文/レナード三世)

■「ドローン」おすすめ記事
ドローン価格が9千円!200万画素カメラを搭載
クアトロックスアイは掌サイズのお手軽ドローン
ドローンとは自律移動する無人操縦機のこと
ドローン規制は飛行性能で免許導入もありえる
ドローン関連ニュースここ1年を振り返ってみる
ドローン空撮!プロの機材と操縦テクニックとは
プロ仕様ドローン空撮は安定飛行と絶妙アングル
X5C EXPLORERSは1万円以下のエントリーモデル
ドローンのカメラ映像をリアルタイム仕様に改造
ドローンの操作距離を「蒸し器」を使って延ばす

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事