ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ライトセーバーのおもちゃから火花を出す方法

SF映画の金字塔『スターウォーズ』の代名詞的存在である武器・ライトセーバー。光や音などギミック付きのおもちゃが販売されていますが、今回はそれを発展させ、金属部に接触するとバチバチと音を立てて火花が散る、より過激でリアルな機能を追加してみました。



スポンサーリンク
ライトセーバーのおもちゃから火花を出す方法

ライトセーバーのおもちゃから火花

今回、火花を出す改造を加えたのはタカラトミーの「スター・ウォーズ フォースの覚醒 エレクトロニックライトセーバー カイロ・レン」。実勢価格は2,318円です。

ライトセーバーのおもちゃから火花を出す方法は、電解コンデンサにつないだ電極を刀身に取り付け、触れると大電流の放電が発生する仕組みです。コンデンサや充電用の回路には、使い捨てカメラのストロボ基板を流用します。

ライトセーバーは長短2つのパーツから構成。これらをつなぐコネクタ部分に回路を組み込みます。使えるスペースがかなり狭かったため、部品を最小限まで削り、コンデンサも細長いタイプを選びました。

ライトセーバーを接触させると火花

ライトセーバーの持ち手のコネクタ部に基板、コンデンサ、電池、スイッチを組み込んだらグルーガンで固定。コンデンサから電線を外に引き出し、本体との接続用にプラグを取り付けます。

100均ショップで買った線径1.2mmの真鍮線とジャックを電線でつなげるたら、針金、電線、ジャックを結束バンドで刀身に沿わせて固定。ジャックをプラグと接続して完成です。コンデンサを充電すると、触れた瞬間にスパークします。

さっそく、ライトセーバーの金色のボタンを10秒ほど押すと充電が完了。金属部と接触させると火花が飛びました。コンデンサの容量を減らし、充電時間を短くすれば、映画のような目にも止まらぬバトルシーンも再現できるかもしれません。(文/レナード三世)

■「おもちゃ」おすすめ記事
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
ナイトビジョンのオモチャを徹底強化してみた

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。