ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ままごと用のミキサーを電動式に改造してみた

100均のダイソーで売られている「おままごとセットミキサー」は、白いボタンを押すとミキサーの中のプラスチックの歯が回るキッチンおもちゃ。このままごと用のミキサーを電動式に改造してみました。柔らかい食材であれば十分に混ぜることができます。



スポンサーリンク
ままごと用のミキサーを電動式に改造してみた

ままごと用のミキサーをプチ家電化

ままごと用のミキサーをプチ家電化。モーターとギヤーを使いカッターの刃を回転させます。タミヤの「ウルトラダッシュモーター」(実勢価格409円)と、「ユニバーサルギヤーボックス」(実勢価格580円)を利用しました。

さっそく、ままごと用のミキサーを電動式に改造していきましょう。まずはモーターの回転する力を、縦方向に変換するユニバーサルギヤーボックスを組み立てます。

モーターを設置するスペースを確保するために底面を削ってから、モーターとギヤーボックスをミキサーの底部にグルーガンで固定。シャフトが出る場所
を定めておくのがポイントです。

ままごと用ミキサーを使ってみた

続いて、モーターに電源とスイッチをハンダづけ。そして、本体前面にドリルで穴を開けて電源のオン/オフができるようにスイッチを取り付けます。本体内部に電池ボックス、ギヤーボックスとモーターが収まるでしょう。

最後に、ギヤーのシャフトにカッターの刃をセットしたら完成です。短く折った刃を3枚用意し、シャフトに対して均等に固定してください。ここではグルーガンで固定しました。

実際に改造したままごと用ミキサーを使ってみると、プリンがカスタードクリームのようになるまで混ぜることができました。モーターの力は十分なので、ナイフを使えばプチトマトくらいはいけそうです。

■「ままごと」おすすめ記事
ままごと用の電子レンジをペルチェ素子で家電化

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事