ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

300円で自転車に簡易ブレーキランプを設置する

単体ではチープな100均アイテムでも、アイデアと情熱さえあれば高度なグッズが作れるもの。そこで、300円で自転車に簡易ブレーキランプの作り方を紹介しましょう。用意するのは100均アイテム3つだけ。ハンドル付近に電源スイッチをセットすれば、好きな時にランプを光らせることが可能です。


スポンサーリンク
300円で自転車に簡易ブレーキランプを設置する

スイッチを押すとランプが点灯

自転車用の市販テールランプは、点滅や常時点灯のみです。そこで、スマホ用リモートシャッターとLEDテールランプを組み合わせ、オン/オフできるブレーキランプを作ります。

用意する材料は、リモートシャッターとLEDリアライト、イヤホン(コードの延長用)の3つ。いずれもダイソーで108円で購入できるので、材料費はたったの324円というわけです。

手順は、バッテリーとLEDライトの間にリモートシャッターを取り付けるだけ。スイッチをハンドル付近に設置して、ブレーキをかけると同時にスイッチを押すと、テールランプが点灯します。

100均アイテムでブレーキランプ

さっそく、簡易ブレーキランプの作り方を見ていきましょう。まずはLEDランプのプッシュスイッチを取り外して、LEDランプの基板裏のプッシュスイッチ部分をハンダで直結。リモートシャッターを配線します。

リモートスイッチは内部に抵抗やコンデンサが入っていますが、不要なのでニッパーで取り除いてからLEDランプを配線。これでスイッチとして利用できます。スイッチを押して点灯すればOKです。

ハンドルにスイッチを、シートの下にテールランプを取り付けたら簡易ブレーキランプのでき上がりです。電源オン/オフでテールランプを点灯させられます。コードが足りなければ延長コードで延ばしましょう。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事