ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ダイソーのプチ電車をプラレールで走らせる改造

ダイソーのプチ電車を、タカラトミーのプラレールで走らせる改造が一部で流行中です。ダイソーのプチ電車を改造するポイントは、車輪を間引くこと。これでカーブでも引っかからずに走行できるようになります。今回はさらに、LEDライト搭載の本格派にパワーアップ改造してみましょう。


スポンサーリンク
ダイソーのプチ電車をプラレールで走らせる改造

ダイソーのプチ電車の軌間を調整

ダイソーのプチ電車が、タカラトミーのプラレールで走行できるようになる改造を紹介しましょう。ここでは、さらにライトアップして、より本格派を目指します。改造するのは、ダイソのプチ電車ドクターイエロー3両です。

ダイソーのプチ電車をプラレール仕様にする改造する主な材料は、CR1220電池ケース(60円×3)とCR1220電池(50円×3)、カプラー付ケーブル(50円×6)。このほか白色LED(400円)と赤色LED(400円)、基板(250円)を使用します。

ダイソーのプチ電車の改造は、まずは軌間の調整から。プチ電車のレール幅は2cm、プラレールの幅は2.7cmなので、ラジオペンチで車輪の幅を広げます。ただし、軌間を広げるだけだと、カーブで車輪が邪魔をして脱線してしまう状態です。

ダイソーのプチ電車の車輪を間引く

そこで、ダイソーのプチ電車の改造は車輪を間引くのがポイント。先頭車両と後尾車両は中央4輪を、中間車両は外側4輪を間引くことで軽量化し、安定走行できるようになります。これでプラレール仕様になりました。

続いて、ヘッドライト・車内灯・テールライトを付けますステップ。ヘッドライトと車内灯に、2個ずつ白色LEDライトを使い、組み合わせます。白色LEDは3Vなので直列、テールライトの赤色LEDは1.5Vなので並列につなげるのがポイントです。

あとは、本体を加工してライトを付けていきます。ヘッドライト部をドリルで穴を空けたら、車体に電池と配線をする箇所をニッパーで空けてください。電池ケースとケーブル類をつないで配線すれば完成です。(文/板倉正道)

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事